セルジュ・トゥビアナ ゴダールを大いに語った!『グッバイ・ゴダール!』フランス映画祭2018トークイベント


映画情報どっとこむ ralph ジャン=リュック・ゴダール監督作『中国女』の主演女優であり、作家であり、そしてゴダールの2人目の妻でもあったアンヌ・ヴィア ゼムスキーの自伝的小説を映画化した『グッバイ・ゴダール!』が、7月13日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて 全国順次公開となります。

そして!

この度、一足早くフランス映画祭 2018 にて本作が上映され、上映後にトークショーが、フランスの映画研究の第一人者であり、カイエ・デュ・シネマの映画評論家・ジャーナリストという経歴を持つセルジュ・トゥビアナさん(ユニフランス会長/映画評論家)と東京国際映画祭プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦さんを迎え、本作にちなみアンヌ・ヴィア ゼムスキーやゴダール、またミシェル・アザナヴィシウス監督についてや、そのほか昨今のフランス映画について語りました!

日時:6月22日(金)
場所:イオンシネマみなとみらい
登壇:セルジュ・トゥビアナ(ユニフランス会長/映画評論論家)、矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

映画情報どっとこむ ralph 『グッバイ・ゴダール!』上映終了後、登壇したトゥビアナさんが

トゥビアナさん:皆様の前に来られたことを嬉しく思います!

との挨拶さからトークショーはスタート。

まず、 ゴダールとの出会いについて聞かれると、
トゥビアナさん:1965 年に『気狂いピエロ』を見たのがゴダール作品との出会いです。当時私は 16 歳だったのですが、この映画がきっかけで、すっかり映画ファンになったわけです。ですからゴダールやトリュフォーには私を映画の世界に引き込んでくれた、芸術的な、そして精神的な借りがあると思います。

とゴダール作品との出会いが人生を決めたことを明かしました。
映画情報どっとこむ ralph トゥビアナさん:その後、 カイエ・デュ・シネマという雑誌で映画評論を書くようになりました。ヌーヴェルヴァーグの映画について論じる雑誌だったのですが。 雑誌にはゴダールやトリュフォーといった、いわゆる 60 年代を代表するフランスのヌーヴェルヴァーグの監督たちが、映画評論家 として参加してくれていました。そして 1970 年代後半に当時グルノーブルに住んでいたゴダールに会いに行きました。私にとってと ても重要な時間でした。ただ、2 時間ゴダールと話したけれど、その間彼が何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。(笑)

とゴダールとの出会いを振り返りました。それに対して

矢田部さん:トリュフォーとゴダールに実際会った方とご一緒できるなんて興奮しますね。
と興奮のご様子。 本作の原作小説の作者であり、女優でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーについて話が移ると、

トゥビアナさん:彼女に最初に女優として注目したのがロベール・ブレッソンだったんです。『バルタザールどこへ行く』がアンヌが女優としてデビューした作品でした。カイエ・デュ・シ ネマのメンバーはみんなブレッソンのファンだったので、ゴダールもそのセットを訪ねたんです。そこで、当時 18 歳のアンヌにゴダールが注目し、その後口説いたわけですね。こうしてゴダールは彼女に『中国女』の出演をオファーしたのです。

と、ゴダールとア ンヌの出会いを明かしました。さらに、ゴダールにインスピレーションを与えた女性として、60 年代の『女は女である』、『気狂いピエロ』 などのアンナ・カリーナ時代、その後のアンヌ・ヴィアゼムスキーとの時代、そして、72年ごろから現在までのパートナー、アンヌ= マリー・ミエヴィルの時代という3つの時代があることを説明し、

トゥビアナさん:(アンヌ・ヴィアゼムスキーは)画家にとってのミューズのような存在でした。短い付き合いでしたが、五月革命の時期とも重なり、濃い2年間だったのです。

とゴダールにとってアンヌが重要な存在だったと。さらに 『グッバイ・ゴダール!』にも重要な出来事として登場し、今年が50周年のアニバーサリーイヤーである五月革命について聞かれると、

トゥビアナさん:私は50周年を祝う風潮はあまり好きではありません。多くの間違いも犯しましたが、私の青春時代 であり、思い出であることは間違いありません。なにか世の中を良くしよう、変えようと若い人たちは思っていました。

と当時を振り返りました。

トゥビアナさん:2018 年の今、もちろん世の中は良くなった面もあります。ただ、当時のように自分たちで社会を変えられるという実感はなくなり、どこか上から支配されているような気がします。社会が 68 年当時はひとつになっていたけども、今は分断されてしまったような気がします。『グッバイ・ゴダール!』では幻想を抱きながらも団結していった当時の若者たちが描かれています。

と当時と現在の違いを語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に『グッバイ・ゴダール!』というタイトルについて、

トゥビアナさん:原題よりも、こちらのタイトルの方が映画に非常にあっているような気がし ます。原題の「Le Redoutable」は「恐るべき」という意味で、潜水艦の名前でもあります。これよりも『グッバイ・ゴダール!』の方が、 若い女性が男性に「チャオ、さよなら」と言っているようで、まさにアンヌの心情をよく捉えたタイトルだと思います。

と邦題にも言及。 さらに、

トゥビアナさん:ゴダールは現在 87歳ですがヌーヴェルヴァーグ最後の生き残りで、まだまだ現役です。グッバイと言いながらも、まだ生きてるよ、というところがゴダールのユーモアに繋がる部分でもありますね。

と締めくくりイベントは終了した。

グッバイ・ゴダール!

7月13日(金)、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

公式サイト:gaga.ne.jp/goodby-g

<STORY>
19 歳のアンヌは、パリで暮らす哲学科の学生。そんな彼女の人生に驚きの出来事が起こる。映画を変えたと世界中から注目される天 才監督ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作『中国女』で主演を飾ることになったのだ。新しい仲間たちと映画を作る刺 激的な日々、そしてゴダールからのプロポーズ…。生まれて初めての体験ばかりの毎日に、アンヌはあらゆることを夢中で吸収してい くが、パリの街ではデモ活動が日に日に激しくなり、ゴダールは次第に革命に傾倒していく。

***********************************

出演:ルイ・ガレル『サンローラン』/ステイシー・マーティン『ニンフォマニアック』/ベレニス・ベジョ『ある過去の行方』ほか 監督:ミシェル・アザナヴィシウス『アーティスト』 原作: 『それからの彼女』(DU BOOKS 刊・原題『Un an apres』) 配給:ギャガ 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ 協力:ユニフランス日本
© LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ