イーサン・ホーク×エマ・ワトソン『リグレッション』公開決定、ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督の8年ぶりとなる長編で、第63回サン・セバスチャン国際映画祭に正式出品された「Regression(原題)」が、『リグレッション』の邦題で、9月15日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定。日本版のポスタービジュアルが完成しました。

1980年から90年初頭、アメリカでは悪魔崇拝者による儀式が次々と告発され、多くの人々がパニックと疑惑の渦に巻き込まれ、社会問題となった。本作は、1990年アメリカ・ミネソタを舞台に、この実話に着想を得て作られたサスペンスだ。

主演はアカデミー賞ノミネート作『6才のボクが、大人になるまで。』や『ビフォア~』シリーズなどのリンクレイター監督作品、『マグニフィセント・セブン』など、様々なジャンルの作品に出演し、映画監督、作家としても活躍するイーサン・ホーク。

ヒロインは、『ハリー・ポッター』シリーズや『美女と野獣』の大ヒットも記憶に新しい当代きってのトップ女優エマ・ワトソン。

映画情報どっとこむ ralph ブルース・ケナー刑事(イーサン・ホーク)は、父親による虐待を訴えた少女アンジェラ(エマ・ワトソン)の事件を担当するが、訴えられた父親も訴えた少女も、どこか記憶が曖昧だった。

ケナー刑事は、事件の真相解明の為、著名な心理学者(デヴィッド・シューリス)の協力を仰ぐことに。少女の記憶を探っていくうち、ケナー刑事は、この事件がただの家庭問題ではないことに気付き、街の各地で起こる他の事件との関連を疑い初める。やがて、巨大な闇の存在が明らかになり――。


完成したポスタービジュアルには・・・・、

何かに怯えている様子のエマ・ワトソンと、シリアスなイーサン・ホークの顔が大きく映し出され、中央にある小屋の外壁には、赤い逆さ十字が記され、何か禍々しい雰囲気を醸し出す。アメナーバル監督らしさが全開のポスタービジュアルだ。

「恐怖が 謎を 深くする」のキャッチコピーの通り、謎をめぐって、物語が二転三転するサスペンスと、ゴシックホラーを兼ね備えた本作は、傑作『アザーズ』を彷彿とさせる、ファンにとって、待ちに待った新作。アメナーバルが仕掛ける衝撃サスペンス、ぜひ公開を楽しみにして欲しい。

映画情報どっとこむ ralph リグレッション
原題:Regression

9月15日(土) 新宿武蔵野館他全国順次ロードショー

公式サイト:
http://regression.jp/

<STORY>
謎に包まれた少女暴行事件。
真実は彼女の“記憶”の中1990年、アメリカ・ミネソタ。刑事のブルース・ケナーは、父親の虐待を告発した少女アンジェラ・グレイの
事件を取り調べる。驚くべきことに、訴えられた父は、記憶がないにも関わらず罪を認め、ケナー刑事は著名な心理学者の協力を仰ぐことに。アンジェラの記憶をたどりながら事件の真実を追うケナー刑事は、やがてこの町に秘められた恐るべき巨大な闇に迫っていく。

***********************************

出演:イーサン・ホーク、エマ・ワトソン、デヴィッド・シューリス、デヴィッド・デンシック、デイル・ディッキー、ロテール・ブリュトー、デヴォン・ボスティック 

製作・監督・脚本:アレハンドロ・アメナーバル
音楽:ロケ・バニョス

2015 年|スペイン、カナダ|106 分|スコープ|5.1ch

字幕:加藤リツ子
配給:ポニーキャニオン

© 2015 Mod Entertainment Mod Producciones Himenoptero Regresion Canada Inc Telefonia Studios Regression A.I.E


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ