アカデミー賞外国語映画賞ノミネート『判決、ふたつの希望』ドゥエイリ監督からメッセージ映像到着


映画情報どっとこむ ralph 第90回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、ジアド・ドゥエイリ監督作『判決、ふたつの希望』が8/31(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開となります。

本作は、クエンティン・タランティーノ監督のアシスタント・カメラマンという経歴を持つジアド・ドゥエイリ監督最新作。

ふたりの男性の間に起きた些細な口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに裁判沙汰となり、国家を揺るがす騒乱にまで発展する・・。監督自身の実体験をもとに作り上げた物語は、宗派や信条の違いを超えレバノン国内で爆発的な大ヒットを記録!さらに、第90回アカデミー賞ではレバノン史上初となる外国語映画賞ノミネートの快挙を成し遂げ、第74回ベネチア国際映画祭では、主演俳優のひとりが最優秀男優賞を受賞。中東の小国レバノンの映画でありながら米有名映画レビューサイトロッテン・トマトで満足度90%の高評価を獲得(※2018/6/14時点)するなど世界中の映画ファンから圧倒的な支持を集める話題の最新作です。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の場面写真一挙14点とジアド・ドゥエイリ監督から日本へ向けたコメント映像が解禁となりました! 

今回新たに解禁された画像は、騒乱の発端となるトニーとヤーセル、二人の画像を中心に、緊張感を感じさせる法廷での裁判風景や、加熱するマスコミ報道に巻き込まれていく家族の様子などが収められています。

事の発端となるトニーとの争いを諌められるヤーセルの姿や、
大きなお腹を抱え、後に騒乱に巻き込まれていくトニーの妻の姿、
そして、国家を揺るがす裁判へと発展してく法廷での様子などが映し出されています。

中には、迷彩服を着た兵士に取り押さえられるトニーや
今にも暴動へと発展しそうな、人であふれかえる街の風景、
さらには、レバノン大統領と接見するトニーとヤーセル
なども収められていて、見るものの想像と期待を高める画像となっています。

映画情報どっとこむ ralph また、あわせて解禁されたジアド監督からのメッセージ映像では「レバノンから遠く離れた国で本作が公開される事に驚きと喜びを感じます」と日本で本作が公開されることへの思いを明かし「(レバノンと日本は)どんなに離れていても共通する何かがあるということでしょう。例えば 正義・和解・寛容・自己理解などです。」と普遍的なテーマが描かれている本作を日本でも楽しんでもらえることに期待を覗かせた様子が。最後には「私もすぐに日本に行きます。楽しみにしていてください。」と来日に向けた一言で締めくくっています。

そしてその言葉通り、ジアド監督の来日が正式に決定し、8月6日(月)〜 8月8日(水)の3日間で来日する運びとなりました。

映画情報どっとこむ ralph
判決、ふたつの希望

longride.jp/insult/

物語・・・
レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このとき両者の間に起きたある侮辱的な言動をきっかけに対立は法廷へ持ち込まれる。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題となり、“ささいな口論”から始まった小さな事件はレバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった。

***********************************


監督・脚本:ジアド・ドゥエイリ
脚本:ジョエル・トゥーマ
出演:アデル・カラム、カメル・エル=バシャ
2017年/レバノン・フランス/アラビア語/113分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/英題:The Insult/日本語字幕:寺尾次郎/字幕監修:佐野光子
配給:ロングライド 
© 2017 TESSALIT PRODUCTIONS–ROUGE INTERNATIONAL–EZEKIEL FILMS–SCOPE PICTURES–DOURI FILMS
写真コピーライト:PHOTO© TESSALIT PRODUCTIONS–ROUGE INTERNATIONAL
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ