『ウルフ・オブ・ウォールストリート』NYプレミア報告!


本年度ゴールデン・グローブ賞 作品賞・主演男優賞(ともにミュージカル・コメディ部門)ノミネートの

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』


ニューヨークプレミア開催されました!

現地時間12月17日(火)夜(日本時間12月18日朝)、米・ニューヨークのジーグフェルド・シアターで開かれ、主演のレオナルド・ディカプリオ、マーティン・スコセッシ監督、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒーらが登場しました。

【ニューヨークプレミア 詳細】

日時:現地12月17日(火)
    日本時間12月18日(水)朝
場所:ニューヨーク ジーグフェルド・シアター

来場者:
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、
ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビー、
カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジョン・ファヴロー、
クリスティン・ミリオッティほか

ゲスト:
オーランド・ブルーム、ジョーダン・ベルフォート本人、ニコラ・ぺルツ(『トランスフォーマー/ロストエイジ』ヒロイン)、マヌー・ベネット

ジョナ・ヒル、レオナルド・ディカプリオ
ジョナ・ヒル
レオナルド・ディカプリオ
先日休業宣言が発表されたばかりのレオナルド・ディカプリオにとって、本作は6年も温めてきた渾身の企画。自らプロデュースし、主演も務めた本作は、当初予定していた休養を先延ばしにしてでも製作にこぎつけたかったと語るほどの力の籠った作品。

アカデミー賞前哨戦となるゴールデン・グローブ賞では、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、レオナルド・ディカプリオの主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)の2部門にノミネートされ、賞レース戦線でも注目度抜群の本作だけあり、ブラックカーペットに全米&海外メディア約300人が詰めかけました。

レオナルド・ディカプリオ マシュー・マコノヒー
レオナルド・ディカプリオ
マーゴット・ロビー
アルマーニに身を包んだディカプリオが会場に登場すると、フラッシュの嵐が起こり、雪の降るマイナス5度の極寒のニューヨークにあってそこだけが一気に温度が上がったような熱気に包まれました!プレミアにはマーティン・スコセッシ監督も登場。

先日発表された権威あるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞では、スコセッシ監督とディカプリオのふたりのキャリア・コラボレーションに対してスポットライト賞が贈られるなど、本作で5度目となったコラボは映画界最強のタッグです。

キャストらのコメントは

レオナルド・ディカプリオ:
「これまで商業的に成功するような作品を作ってきていたが、この作品はこれまでとはちょっと違う。僕が本当にやりたいと願ってきた作品なんだ。(ウルフ~を撮り終えて)すでに10ヶ月休んでいる。この映画は、作品に関わった皆が、アドレナリン全開で、毎日テンションを上げていかなければならない作品だった。この映画をどれだけ長い時間をかけて作ったかという現実からすると、休みが必要だったんだ。次に出る作品はまだ決まっていないからそれまでは休むけれど、もしかしたら、それは明日見つかるかもしれないしね」

マーティン・スコセッシ監督:
「みんなが気に入ってくれることを祈っているし、(アカデミー賞について)もしノミネートされたらそれはすごく素晴らしいこと。日本のみんなにも早く観てもらいたい。日本の文化と人が好きなので、またなるべく早くいきたいと思っているよ!」

ジョナ・ヒル:
ディカプリオとの共演について
「とにかく最高!これまで共演した人の中で最も才能のある人の1人。共演者の才能を引き出す力もある」と絶賛し、スコセッシ監督については「彼は僕のヒーローさ。映画に関わらず一番好きな人だ。とにかく天才的で、彼の映画に出られるなんて信じられないようなこと」

マシュー・マコノヒー:
ディカプリオと共演はこれが初。「2人のシーンはお互いのいいところを盗みあっていた。彼はプロフェッショナルだし、とても寛大だった」

この冬最も熱い映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
全米では12月25日、クリスマスに公開。

日本では1月31日(金)全国公開されます。

公式HP:ウルフ・オブ・ウォールストリートhttp://www.wolfofwallstreet.jp/



********************************************************************


『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 

原題:The Wolf of Wall Street
監督・製作:マーティン・スコセッシ  
製作:レオナルド・ディカプリオ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー

貯金ゼロから26歳で年収49億円へ!欲をカネに換えた男の衝撃の人生。
22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォート。学歴もコネも経験も無かったが、誰も思いつかない斬新なアイデアと、一瞬にして人の心を掴む話術で瞬く間に成り上がっていく。26歳で証券会社を設立、年収49億円を稼ぎ出し、常識を超えた金遣いで世間を驚かせた。すべてを手に入れ、”ウォール街のウルフ”と呼ばれた男にはしかし、ダイナミックな成功以上にセンセーショナルな破滅が待っていた――。

配給・宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ