核汚染で生き残った女一人男二人。『死の谷間』松崎健夫トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 核汚染の末に生き残った1人の女と2人の男。

このたび、本年度アカデミー賞ノミネート『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』に出演のマーゴット・ロビーの最新主演作『死の谷間』は6月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国で順次公開となります。そのトークイベントがを6/14(火)に都内・神楽座 にて、映画上映後に、映画評論家・松崎健夫が登壇して行われました。

日時 6月14日(木)
場所:神楽座
登壇:松崎健夫(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph キャストについて
松崎さん:主演のマーゴット・ロビーは、最近ではアカデミー賞候補にもなった「アイ・トーニャ〜」でプロデュースをしましたが、 (本作は 3年ぐらい前の製作で)当時は主役級の女優ではなく、監督は青田買いのようなかたちでキャスティングしたのではないかと思います。それまでお姫様的な綺麗な役柄しか演じてこなかった彼女が、本作で強く生きる女性を演じたというのが、 「アイ・トーニャ 〜」で役を取りに行った彼女と重なり、預言的だなと思いました。 原題にある「Zachariah」というのが“預言者”の意味なので、 そういうところが面白い。原題は「Z for Zachariah」で、映画の中では説明がないのですが、 「Z」は最後の人間を意味してまして、 原作の方にはきちん説明がされていますので、ご興味がある方は原作もご覧ください。「Z」というとゾンビを連想してしまうかも しれませんが。 (笑) また、クリス・パインは、他の作品では良い人の役が多いですが、本作では悪意のある不穏さを持った役で す。登場のシーンでは監督が意図したカットになっていて、二回観ていただきたい気持ちを込めて説明をすると、クリス・パイン 演じるケイレブの周囲の木が枯れてるんです。核汚染を免れたアンの住む周囲は緑がいっぱいなのに。 「死んでる木」=「彼の死」 も連想させます。

三角関係について

松崎さん:三角関係については、監督が言っていたのですが、 (三人のうち)絶対一人は我慢しなきゃいけない状況になると。原作では、科学者の男性ジョン、宗教心の強い女性アンという、「宗教主義」と「実用主義」の戦い、「男」と「女」の対立を描いていますが、映画の中では3人目を登場させることで、単純に女性を取り合う話になっています。アンがどういう風に男をみているか、人間がど うやって人を見ているかなど、対立構造を増やしています。 「男」と「女」や、「白人」と「黒人」などのより多くの対立を描いて いて、たった3人の登場人物だけで原作以上に現代社会の不安をあぶりだしています。

ディストピア作品について
松崎さん:ディストピア、世紀末ものと言われるものは、これまでにたくさん作られています。昔でいうと、産業革命が起こった時に、科学 が進みすぎて機械に人間が使われてしまうんじゃないかという危機感がありました。原子爆弾なども発明されたりして。原作が発 売された1974年でいうと、キューバ危機などがそれにあたるのではないかと。米ソ冷戦で核戦争とか起こるんじゃないかと。 近い時期に公開されたキューブリックの「博士の異常な愛情」なども、社会の不安が描かれたものでした。ハリウッド映画という と、アメリカが仮想敵国を作るように、アフガンが悪い、どこどこが悪いと、そういう映画が作られていました。ただ、最近は明 確にこいつが悪いという描き方ができなくなって、善悪を灰色に描くようになっています。悪い役柄の人物でもそれなりの理由が あるんじゃないかという表現にしている。本作でいうと、原作では、片方が悪いという描き方をしていますが、監督は登場人物を 3人にすることで、灰色の描き方をしたのではないかと。

結末について

松崎さん:ラストについても原作では明確ですが、映画ではぼかしています。観客にゆだねるように作っていて、どっちとも取れるし、観客 はどっちに捉えてもいいけど、作り手はこっち側に感じて欲しいと思っているのではないかと思う。原作と映画で40年ほどの開 きがあるんですが、社会が変わった部分もあるけど、変わってない部分もあります。監督は前作「コンプライアンス〜」でも、ミ ニマムな人物しか登場させていなくて、共通点をみると、人はどうやって信用をするのか?と説いている気がします。原作を読む と、監督の意図がより見えてくると思います。また、議論になる結末というのは、監督の罠にひっかかっているということです(笑)。 どう捉えるかは人それぞれでいいと思うけど、監督はこういう結論だったんじゃないかと想像するのも、楽しいと思います。

最後に一言

松崎さん:タルコフスキーの「ストーカー」のオマージュとして撮っているシーンや、風景に登場人物のような効果をもたせているシーンな どもいくつかありますので、もう一度そのあたりも気にしながら観ていただくと面白いと思います。

映画情報どっとこむ ralph 死の谷間
原題:Z for Zachariah

6/23(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

死の灰に覆われた世界で、たった一つ放射能汚染を免れた小さな谷(=第2のエデン)に住む女性アン・バーデンは、唯一の生存者だと思い、愛犬とともに 1日1日をただ過ごしている。ある日、見たことのない車両と宇宙服のような防護服を着た黒人男性ジョンを発見する。男は汚染された滝壺で水浴びをしたこ とで体調を崩すが、彼女の救護によって一命を取り留める。男の体調が回復すると、二人は1つ屋根の下で、自然と共同生活を始める。科学者で、宗教観も 考え方も異なる男の生活に戸惑いを感じるアンだったが、生活するうちに二人の距離は縮まっていく。しかし、もう一人の生存者である白人男性ケイレブが現 れたことで、彼らの生活は一変する・・・。 主人公の農娘アン・バーデンを演じるのは、「スーサイド・スクワッド」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」など近年活躍が目覚ましく、「アイ、トーニャ 史上最大 のスキャンダル」で本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた、マーゴット・ロビー。科学者のジョンを演じるのは、「それでも夜は明ける」で一躍有名 になったキウェテル・イジョフォー、謎の炭鉱夫ケイレブを演じるのは、「スタートレック」シリーズ、「ワンダーウーマン」など話題作に出演するクリス・パイン。監督は、『コンプライアンス 服従の心理』 のクレイグ・ゾベル。俳優として活躍するトビー・マグワイアがプロデューサーに名を連ねる。原作は、1976年にエドガ ー・アラン・ポー賞を受賞したロバート・C・オブライエンの「死の影の谷間」(評論社)。
***********************************

出演:マーゴット・ロビー、キウェテル・イジョフォー、クリス・パイン
監督:クレイグ・ゾベル
製作:トビー・マグワイア
原作:ロバート・C・オブライエン「死の影の谷間」(評論社刊)
2015/英語/アイスランド・スイス・アメリカ/98 分/DCP/スコープサイズ/カラー
配給:ハーク
(C)2015 Z4Z Film Production UK Ltd. All rights reserved.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ