緒方貴臣監督の最新作『飢えたライオン』特報&ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『飢えたライオン』が、2018年9月15日(土)より テアトル新宿にてレイトショー公開されることが決定しました。

大阪2児放置死事件を基にした映画『子宮に沈める』で物議を 醸した緒方貴臣監督の最新作。ここ数年に起こった事件やその 報道と世間の反応に着想を得た本作は、世界的な問題となって いる「フェイクニュース」、またそれらを拡散させる「SNS」、 『座間9位遺体事件』を機に表面化した「若年層の自殺」、そ して年々被害件数が増える「リベンジポルノ」と言う現代社会 の歪みを描いた問題作で衝撃作。

ワールドプレミアとなった東京国際映画祭を皮切りに、ロッテルダム国 際映画祭、シドニー映画祭、バレンシア国際映画祭、ニューヨークアジ アン映画祭、ジッフォーニ映画祭など海外映画祭の上映オファーが殺到。本作で描かれる「フェイクニュース」「リベンジポルノ」が世界共 通の問題として各国で学生向け上映プログラムが組まれ、監督と学生の ディスカッションも話題になっている。

今回解禁されたビジュアルは「覗き見の、快感。」というコピーと面白 半分に騒ぎ立てているような生徒たちの姿を切り取り、誰にでも思い当 たる集団心理を連想させられる。

特報では、主人公・杉本瞳役の松林うららが彼・藤川ヒロキ役の水石亜 飛夢、母・杉本裕子役の筒井真理子らと楽し気に過ごす日常から一転、 繰り返される黒い画面と交互に映し出される衝撃的な映像が、心穏やか でない展開を予感させる。




飢えたライオン

公式サイト:
http://hungrylion.paranoidkitchen.com/

物語・・・
「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ突きつける78分 ある朝のHRで、瞳の担任が児童ポルノ禁止法違反の容疑で警察に連行された。担任の性的動画が流出し、その相手が瞳だというデマが流れる。誰も信じないだろうと軽く考えていた瞳だったが、デマは事実のように広がっていき、瞳は追いつめられ自殺をする。担任の逮捕と生徒の自殺は、マスコミの格好の餌食となり報道は加熱していく。

そして社会によって瞳の「虚像」が作られていくのだった …。
本作は、映像や情報の持つ「加虐性」を描くと同時に、それらを消費する私たちの中にある邪悪な“欲望”をあぶり出す。

***********************************


出演:松林うらら、水石亜飛夢、筒井真理子、菅井知美、日高七海、加藤才紀子、 品田誠、上原実矩、菅原大吉、小木戸利光、遠藤祐美 / 竹中直人

プロデューサー・脚本・監督:緒方貴臣

脚本:池田芙樹
共同プロデューサー:小野川浩幸
撮影:根岸憲一 編集:澤井祐美
配給・宣伝:キャットパワー
2017年/日本映画/78分/カラー/ステレオ/日本語
©2017TheHungryLion

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ