D[di:]のヒーローは宮崎駿!瀬戸あゆみは・・ 「ブリグズビー・ベア」先行上映記念トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 6月23日より公開が決定しておりますクマ映画『ブリグズビー・ベア』の先行上映を記念し、この映画を愛してやまないゲスト、瀬戸あゆみさん(モデル)と本作のポスターのイラストも描かれたD[di:] さん(アーテイスト)のお二人をお迎えして、トークイベントを開催致しました!

「ブリグズビー・ベア」先行上映記念トークイベント
日付:6/14(木)
会場:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇者:D[di:]、瀬戸あゆみ

映画情報どっとこむ ralph
Q:この映画の魅力を伝えてください

瀬戸さん:好きなものは突き通していいんだ!という勇気をもらいました。

D[di:]さん:ジェームスの部屋の調度品がとにかく可愛い!あれを、かなり(ポスターに)書いたんでですけど、結構ボツになりました(笑)

Q:この映画の主人公ジェームズにとってのヒーローは「ブリグズビー・ベア」ですが、お二人にとってのヒーローをお伺いしてもよろしいでしょうか?

瀬戸さん:セーラームーンが小さな時から大好きです。私の世代はみんなそうだと思う。

D[di:]さん:宮崎駿監督!雑誌の「アニメージュ」から切り抜いた監督の写真とか持ってます。CWニコルとかと並んでるやつを切り取ってました。

瀬戸)さん:渋い趣味ですね!

D[di:]さん:そう、小学校時代だったから誰とも共有できなかった!

Q: この映画のあらすじだけを読むと、ホラーだと思う人が結構いらっしゃるんですが、どうですか?

D[di:]さん:最近、監禁されてから外に出る!っていう映画が多いですからね。そのあらすじをこの前ラジオで
説明していたら、だんだんディレクターの顔が曇ってきて。「いや、そうじゃなくて!いい映画だから!」って(笑)

瀬戸さん:私の好きなシーンがあるんです。(偽親役の)マークハミルがジェームスに対してよく言う「今日より明日は強くあれ」っていう。それを、ジェームズが新しい家族にもやってるシーンがすごく好き。

MC:ジェームスがちゃんと両親にまっすぐに育てられた感じが、そこで出るんですよね。本作には、製作者側の『スター・ウォーズ愛』が込められていて。マーク・ハミルのそのセリフは『スター・ウォーズ』でジェダイが言うおなじみの「フォースとともにあれ」にオマージュを捧げたセリフですね。
D[di:]さん:確かに。部屋に溢れるグッズはスターウォーズっぽいですもんね!

おふたりが好きなキャラクターは誰ですか?と尋ねられると

瀬戸さん:ジェームスを保護する刑事さんですね! 

D[di:]さん:わたしも!!昔、演劇をやっていたから、ジェームスの映画製作に協力するんですよね。

終始、映画愛に溢れる優しいトークイベントとなりました。
映画情報どっとこむ ralph ブリグズビー・ベア

6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開

オフィシャル HP:
www.brigsbybear.jp
<STORY>
大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた—
ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう…

***********************************

監督:デイヴ・マッカリー
脚本:ケヴィン・コステロ、カイル・ムーニー
製作プロデューサー:フィル・ロード、クリストファー・ミラー(『くもり ときどきミートボール』『LEGO®ムービー』ほか)
出演:カイル・ムーニー、マーク・ハミル、グレッグ・キニア、マット・ウォルシュ、クレア・ デインズ 他

2017/アメリカ/カラー/97min/PG12
© 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
提供:ソニー・ピク チャーズ エンタテインメント
配給:カルチャヴィル
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ