エクストリーム・スポーツに挑む『クレイジー・フォー・マウンテン』本編映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 世界の名峰に挑む登山家・アスリート達に迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7月21日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定しました。この度、新たな本編映像が解禁です。

昨年、オーストラリアで興行収入150万ドルを超え、ドキュメンタリー映画としては年間1位の大ヒットを記録!映画サイトRotten tomatoesでは96点と高得点を獲得し、第61回ロンドン・フィルムフェティバルなど世界の映画祭で喝采を浴びた話題作『クレイジー・フォー・マウンテン』がついに日本公開!本作は、5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を壮大なスケールで記録したドキュメンタリーである。

映画情報どっとこむ ralph この度新たに解禁となった映像は、超クレイジーな地上約120メートルの場所で“綱渡り”をする男の姿を捉えている。一瞬、人が空中を歩いているかのように見まがう驚愕の場面だ。この映像が撮影されたのは、アメリカ・ユタ州のキャッスル・バレーという風光明媚な場所。そこにそびえ立つ、高さ120メートルを超える2つの巨岩「キャッスルトンタワー」と「レクトリー」の間、約500メートルをフランス人男性が“綱渡り”で渡り切り、当時、ギネス世界記録を打ち出したときの映像である(2015年11月15日)。

“綱渡り”の正式名称は「スラックライン」と言い、ベルト状のラインの上でバランスを取りながら歩く、れっきとしたスポーツ。一般的には公園などの木や柱を使う低い場所であれば子供でも手軽に楽しめることから、近年ではメディアにも多く取り上げられている今注目のスポーツだ。高層ビル110階の高さで綱渡りをする大道芸人の物語を、ロバート・ゼメキス監督がCGを駆使して描いた映画『ザ・ウォーク』(2016)を見て鳥肌が立った人など、高所恐怖症の人には想像するだけで冷や汗が出る今回の映像。本作にはこういった鳥肌モノの山にまつわるエクストリーム・スポーツが多数登場している。

“山の魅力”に憑りつかれた人が見せる、まさにクレイジーな映像の数々をワクワクしながら楽しんでほしい。

クレイジー・フォー・マウンテン

7月21日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

公式サイト:
http://crazy4mountain.com

***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
配給:アンプラグド
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ

©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ