コロッケ本名の滝川広志で主演『ゆずりは』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph ものまねで有名なコロッケが、本名の滝川広志として初主演を務める映画『ゆずりは』の完成披露試写会が6月4日(月)、東京・有楽町の朝日ホールにておこなわれました。

滝川さんに加えて、共演の柾木玲弥さん、加門幾生監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。滝川にとって、長年の盟友である美川憲一さんより、完全サプライズでビデオメッセージも到着するなど、会場は大きな盛り上がりを見せた。


日付:6月4日㈪
場所:有楽町朝日ホール
登壇:滝川広志、柾木玲弥、加門幾生監督

映画情報どっとこむ ralph 拍手で迎えられた滝川さんは、司会者から冒頭いきなり「武田鉄矢さん、映画初主演はいかがでしたか?」と振られて、さっそく武田鉄矢のものまねで会場を笑いに包む。それでも、その後は壇上でも“コロッケ”を封印。

俳優・滝川広志として

滝川さん:38年間、騒ぐことが好きだった人間が、動くのを全くやめて、ちゃんとした役を初めてやらせていただいてます。役者・滝川広志としてのスタートを切れたんじゃないかと思います」と晴れ晴れとした表情で語った。

加門監督は滝川さんに、真面目な葬儀社の社員・水島を演じるにあたって撮影前に3つのお願いをしたと述懐。

加門監督:ひとつは、トレードマークのもみあげを短くして、普通のサラリーマンに見せること。ふたつ目はトレードマークの黒縁のメガネを外すこと。三つ目はやせること。死者に真摯に向き合うということで、7キロやせていただきました。また、千葉県の八千代市が舞台ですが、我々は毎日、撮影が終わると東京に帰っていましたけど、滝川さんはビジネスホテルに泊まり込んで、八千代市の住民になり、近所のイオンとかにも行くことで、水島という役を作り上げていっていました。

と滝川の役になり切ろうとする姿勢に称賛を贈った。


滝川さんは、ダイエットからおふざけ一切なしの撮影までを振り返り

滝川さん:ストレスがたまりました。もみあげは切ればいいし、メガネは取ればいいけど、やせるのは…。僕はストレスがたまると食べるけど、食べちゃいけないので、余計にストレスたまるし(苦笑)、撮影が始まったら、(演技で)動いちゃいけなくて、余計にストレスが…。とにかく我慢して、夜は食べずに普段の3分の1くらいの量であめをなめたりして、苦しかったです。

と明かした。

葬儀社の新入社員・高梨を演じた柾木さんは、この日、いよいよ映画お披露目のときを迎え、やや硬い表情で

柾木さん:やっとこの日が来たと思うと緊張してたまりません。

それでも、滝川の冒頭のものまねを目の当たりにし

柾木さん:和らぎました(笑)

とホッとした様子を見せる。その後も、緊張をほぐそうと質問攻め

滝川さん:好きな食べ物は?

柾木さん:ラーメンです。

好きな女性のタイプは?

柾木さん:静かな人です。

などと回答するうちにリラックスしてきたよう。映画の中とはまた違った2人のやり取りを会場は温かく見守っていた。


映画情報どっとこむ ralph また、映画にちなんで、ゆずりはのように、誰かの思いや言葉を受け継いで、生きてきた経験やエピソードを問われると、加門監督は、この映画の準備期間中に、立て続けに両親が天国に旅立ったことを明かし

加門監督:母からは最後の言葉を聞くことはできなかったんですが、父からは最後の言葉が聞けて、『お前らしく生きろ』と言われました。自分はこの映画をやるべき運命だったんだと思い、真摯に自分らしく作ろうと向き合って来ました。魂を込めて作りました。

と言葉に力をこめる。

柾木さんは、新人時代に、先輩の俳優2人が、柾木さんの芝居の間が毎回、違うことの是非を巡ってケンカになってしまったというエピソードを明かし、そのとき、

柾木さん:一方の先輩俳優が口にした芝居は生なんだから、間なんて毎回違うもの。その言葉を糧にずっと頑張ってきました。

と語った。


そして、滝川さんはゆずり受けてきたものとして母親が残してくれたという

滝川さん:“あおいくま”――あせるな、怒るな、威張るな、腐るな、負けるな。

という言葉を紹介。

滝川さん:何かあったとき、いつもこの言葉を心の中で唱えています。最初は、この言葉を他人に対して思っていたんですが、相手ではなく自分に対してのものなんだと思うようになって、いろんなことが大きく変わりました。この言葉を糧に頑張って生きてきて、こうやっていい役をいただけたんだと思います。

としみじみと語った。

映画情報どっとこむ ralph この日は、作品の舞台となった八千代市の服部友則市長も来場し、バラの花束を滝川さんにプレゼント。さらに、完全サプライズで、美川憲一さんからビデオメッセージも上映。

美川さん:よかったわねぇ。しっかりと努力してきたコロッケが主演。本当におめでとう。

と温かい祝福の言葉を投げかけ、これには

ビックリです!ありがたいです。いろんな方に支えていただいて…。さっそく今日の夜、(お礼の)電話を入れようと思います。

と満面の笑みを浮かべた。

また、舞台挨拶後の報道陣を前にしての囲み取材では、舞台上での「真面目に挨拶しなくては」という重圧から解放されたかのように、“エンターテイナー”コロッケに戻って、美川憲一、志村けん、田中邦衛などのものまねを交えつつ、映画をPR。

また今後、俳優として希望する役柄を問われ

滝川さん:コロッケとは真逆がいい。邪魔にならない芝居をできるようになりたいし、それができるようになったら、主演ではなくとも何でもやらせていただきたいです。

と強い意欲をのぞかせていた。

映画情報どっとこむ ralph ゆずりは

6月16日(土)より新宿K’s Cinema、イオンシネマ板橋ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://eiga-yuzuriha.jp

「死」と向き合う現場で、命の尊さと大切な人への思いを描く

長年、葬儀の仕事に携わってきたことで、心を押し殺すことに慣れてしまった水島。遺族の前では決して涙を見せない彼が、一見、軽薄そうに見えて繊細な心を持つ若者、高梨と出会ったことで熱い感情を取り戻していく。実際のエピソードを元に、永遠の別れと再生を描いたハートフルな人間ドラマ。
***********************************

監督:加門幾夫
脚本:吉田 順 久保田唱/出演:滝川広志 柾木玲弥 原田佳奈 高林由紀子 島かおり 勝部演之

原作:新谷亜貴子「ゆずりは」(銀の鈴社刊)
配給:エレファントハウス
©「ゆずりは」製作委員会 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ