イケメン!リマウ・グリッロ・リッツベルガーが初来日!『最初で最後のキス』初日舞台挨拶でQ&A


映画情報どっとこむ ralph この度、本日より公開がスタートしたイタリアから届いた青春映画『最初で最後のキス』の初日舞台挨拶に、主演俳優のリマウ・グリッロ・リッツベルガーが、イタリアのローマから駆けつけました。

2000人以上のオーデョションを勝ち抜き、里親に引き取られる同性愛者という難しい役どころを演じきり、Italian National Syndicate of Film Journalistsの新人俳優に贈られる「Guglielmo Biraghi 賞」にも選ばれたイタリアの新星がついに初来日!!!

日時:6月2日(土)10:00の回上映後
場所:新宿シネマカリテ
登壇:主演俳優リマウ・グリッロ・リッツベルガー

映画情報どっとこむ ralph リマウ・グリッロ・リッツベルガーはインドネシア人の父とオーストリア人の母を持つ、美少年であり、ローマ大学哲学科に通う現役の大学生。

観終えたばかりの観客の前にリマウが登場。
リマウ:コンニチハ昨日ついたばかりで、この東京にすごく驚いています。来ることができてとても嬉しいです。この映画を皆さんに気に入ってくださっていると嬉しいです。いまここで皆さんとお話して、この映画が日本の皆さんに何を伝えることができたのかを、今日は知りたいです。

Q.観客からの質問「実話をもとにした事件(※)とのことですが、イタリアでは有名ですか?」
(※)ラリー・キング殺人事件:08年2月にアメリカで15歳のラリー・キングが14歳の同級生にピストルで撃たれて死亡した事件。

リマウ:全員ではないですが、結構みんなが知っている事件です。大きな話題になりました。なぜならその頃にイタリアではホモファビア、性差別に反対する法案が国会で議論になっていたからです。この事件をきっかけにイヴァン・コトロネーオ監督は最初に小説を手掛け、その後にこの映画を撮りました。

Q.「LGBTの問題はイタリアでは教育に取り入れられてますか?」
リマウ:もちろん、そうです。イタリアでは重要な問題として考えられています。ローマでピンク色のズボンを履いた男の子が、主人公のロレンツォと同じように、いじめにあって、自殺してしまうという事件があり、大きな問題になりました。若い子たちが健康的に成長するために、他者に対してリスペクトするというのは非常に大事なことなので、時間をかけて行われています。この映画は教育省の支援を受けていて、色々な学校で上映会をしました。またLGBTと同じく、イタリアでは女性に対しての暴力が大きな問題となっていて、その問題についても語りました。イタリアでは現実的な大きな社会問題として女性への暴力があります。

Q.「ロレンツォを演じるにあたって、演じやすかった部分と、やりにくかった部分を、それぞれ教えてください。」
リマウ:ファンタスティックな想像上の人物あったので難しかった。彼はあの年齢で自分に自信を持っていて、非常に自由な心を持っている人物です。撮影時は、僕は18才でしたが、そんな自信と自由の心を持っていなかったので、強いキャラクターを演じるのはとても難しかった。一方で、普段着ないような蝶々の柄の服を着たり、思いっきりダンスしたりするシーンでは、自分を解放することができて、とても楽しかったです。

とQ&Aを行いました。

トーク後にはロビーにてサイン会も行われ大賑わいとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 最初で最後のキス
原題:Un Bacio
6月2日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次ロードショー!

公式サイト:onekiss-movie.jp

物語・・・
不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々
イタリア北部・ウーディネ。スターを夢見る同性愛の転校生ロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。“尻軽女”とレッテルを張られている少女ブルーと兄を亡くして心に闇を抱えているバスケ部の少年アントニオ、クラスのはみ出し者だった2人と意気投合し、3人で友情を育んでいくが、ロレンツォのある行動がきっかけで少しずつ歯車が狂い始める――。
***********************************

監督・原案・脚本:イヴァン・コトロネーオ
出演:リマウ・グリッロ・リッツベルガー/ヴァレンティーナ・ロマーニ/レオナルド・パッザッリ

2016年/イタリア/イタリア語/106分/カラー/シネマスコープ/ドルビー5.1ch 
字幕:山田香苗 
提供:日本イタリア映画社 
配給:ミモザフィルムズ/日本イタリア映画社  
(C)2016 Indigo Film – Titanus 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ