バンドあるある満載!『スパイナル・タップ』爆笑必至本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 架空のロックバンド「スパイナル・タップ」の全米ツアーに密着し、当時隆盛を極めていたハード・ロック/ヘヴィ・メタル文化や音楽を風刺した、カルト的人気を誇るロック・モキュメンタリー『スパイナル・タップ』が、6月16日(土)より新宿武蔵野館 他 全国順次公開となります。

本作は、あの名作『スタンド・バイ・ミー』(86)のロブ・ライナー監督が1984年に手がけた初監督作であり、モキュメンタリーというジャンルにおいては『食人族』(80)と共に草分け的存在として知られ、ロック映画というくくりにおいては映画史上に残る金字塔的作品。


今回公開された本編映像は、

『スパイナル・タップ』で最も有名な珍事件をとらえたものだ。ナイジェルが紙ナプキンに描いたデザインをもとに、ステージセット用に18フィートのストーンヘンジの製作を発注したつもりが、出来上がったものは18インチの小さなストーンヘンジ(!)。やむなくその小さなストーンヘンジをライブで使用したが、ライブ中に小さな妖精がストーンヘンジの周りで珍妙なダンスを踊り、ステージ上がなんともシュールな空気に包まれてしまう。ライブ冒頭で明らかに小さすぎるストーンヘンジが天井からするすると降りてくる瞬間はだ。

実は今回解禁されたシーンには後日譚がある。本作の公開後、実際にバンドとして活動を始めたスパイナル・タップは、1992年のロイヤル・アルバート・ホールで再結成コンサートを行ったのだが、今度はストーンヘンジが大きすぎて会場に入らなかったのだ!また、音楽ライターの山﨑智之氏によると、ブラック・サバスも1983年のツアーでストーンヘンジを使用しようとしたが、こちらも大きすぎて会場に搬入できなかったのだそうだ。

「カルト・ムービー・トップ50」(エンターテインメント・ウィークリー誌03年発表)、「歴代ロック映画トップ10」(Mojo誌05年発表)、「ロックンロール映画オールタイムベスト100」(BLENDER誌05年発表)で第1位を飾りながらも、日本ではなぜか今まで劇場未公開だった本作。もともと16ミリフィルムで撮影されており、ビデオやDVDで楽しんでいたファンが多いはずだが、この度の上映では字幕を改正したリマスター版での上映!

新たに生まれ変わり、再起をかけた『スパイナル・タップ』の変化に期待して欲しい本作は、6月16日より新宿武蔵野館にて日本劇場初公開。


物語・・・
「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。

ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、
…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。

そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!
彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

***********************************

監督:ロブ・ライナー
製作:カレン・マーフィ
出演:ロブ・ライナー、マイケル・マッキーン、クリストファー・ゲスト
1984年/アメリカ/83分/ビスタ
提供:キングレコード
配給:アンプラグド

©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ