『ある過去の行方』来年4月公開決定


ある過去の行方
前作『別離』で2011年度アカデミー賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭金熊賞をはじめ90冠以上の映画賞を総なめにし、今、最も注目される

アスガー・ファルハディ監督の最新作『THE PAST』(英題)が

邦題:

『ある過去の行方』


として、2014年4月、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて順次公開です!

本作は、イラン社会の縮図を描いてきたファルハディ監督が初めて外国を舞台にして挑んだ意欲作。

ある子連れのカップルが再婚しようとするが、娘の告白がきっかけで、それぞれの過去が明らかになり、秘めた想いに戸惑う姿をサスペンスタッチで描く人間ドラマです。

主人公のシングルマザーを演じるのは、『アーティスト』での新人女優役の好演も記憶に新しいベレニス・ベジョ。
本作で強さと繊細さを持つ女性の心の揺れを演じ切り、本作でなんと本年度カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞!

さらに本年度アカデミー賞外国語映画賞のイラン代表作品にも選出され、来年の賞レースにむけ、日本でも今後話題となること必至の作品です。

『ある過去の行方』
の公開は2014年4月 Bunkamura ル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国順次公開です!

公式サイト: http://www.thepast-movie.jp

********************************************************************


『ある過去の行方』

ストーリー
 シングルマザーのマリー(ベレニス・ベジョ)は元夫と別れて4年。正式な離婚手続きをしていないため、イランにいる元夫アーマド(アリ・モッサファ)をパリに呼んだ。アーマドがかつて妻と娘たちと過ごした家を訪れるとそこでは子持ちの男サミール(タハール・ラヒム)親子とマリーたち母娘の新生活がはじまっていた。しかし再婚する予定のマリーとその家族に流れる不穏な空気。長女リュシー(ポリーヌ・ビュルレ)は母親との溝が深く、娘の本音を聞き出してほしいと頼まれるアーマドはリュシーから衝撃の告白を受ける。そして明らかになる数々の真実。マリーとサミールはそれぞれの過去にひきずられながら、自ら運命を変えて行く。

監督・脚本:アスガー・ファルハディ『別離』
出演:ベレニス・ベジョ『アーティスト』、タハール・ラヒム『預言者』、アリ・モッサファ

2013年/仏・伊/130分/仏語・ペルシャ語/ビスタ/原題:Le Passé
2014年4月 Bunkamura ル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国順次公開
©Memento Films Production – France 3 Cinéma – Bim Distribuzione – Alvy Distribution – CN3 Productions 2013
配給:ドマ、スターサンズ
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ