「ロッテン・トマト」で100%FRESHの最高点『悲しみに、こんにちは』メインビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度ベルリン国際映画祭、ゴヤ賞(スペインのアカデミー賞)などで新人賞に輝き、その後も各国の映画祭でその名を轟かせ2018年アカデミー賞にてスペイン代表にも選ばれた映画『悲しみに、こんにちは』(『SUMMER1993』(英題))が7月下旬よりユーロスペースほか全国順次公開する運びとなりました。

本作で長編デビューを飾る、カルラ・シモンは、カンヌ国際映画祭にて「ウーマン・イン・モーション・アワード」を『ワンダーウーマン』(17)のパティ・ジェンキンスとともに受賞。この賞は、ケリングとカンヌ国際映画祭が、映画界で活躍する女性を称え、業界における男女平等の必要性を訴えるためのもので、昨年はフランスの名女優イザベル・ユペールが受賞しました。


そんな話題のシモン監督が、自身の子供の時の体験や記憶を元に、少女の複雑で単純な心の動きを見事に描き出しました。

ここでヒロインの少女・フリダの表情が印象的なメインビジュアルが解禁しました。
「かつて少女だった私たちへ―」という鮮烈なキャッチコピーとともに、黄色の車から顔を出すフリダの可愛らしさが目を引くビジュアルです。

映画情報どっとこむ ralph また本作は、世界で最も辛口の批評サイト「ロッテン・トマト」で100%FRESHの最高点を獲得し、すでに海外の批評家からは、「絶対に見るべき才能」(THE HOLLYWOOD REPORTER)、「忘れがたい名作」(SCREEN INTERNATIONAL)などの高評価を得ています。

さらに日本公開に際し、著名人の方々美術家の奈良美智さん、絵本「わたしのワンピース」の西巻 茅子さんなどから絶賛のコメントが続々と到着しました。

著名人コメント<順不同・敬称略>

少女フリダの愛くるしい顔と無言の行動にひそむ、苦しく悲しい孤独‥‥涙はフリダを解放しただろうか?
谷川俊太郎 詩人

まるで三人称視点で撮られたPOV(一人称)映画のようです。シモン監督の自伝的作品であり、私の自伝でもあり、あなたの自伝でもあります。夏休み、田舎、おじさんとおばさん、大人だけの会話、ひとり遊び、いとこ、お祭り、誰にとっても身に覚えのある映画。
いがらしみきお 漫画家

フリダの表情、仕ぐさの中に女の子の全てを感じることができる。最後に泣いているフリダを観て、あゝ彼女は、いい夏を過したんだと思えた。泣けることは、素晴らしい。
西巻 茅子 絵本作家/『わたしのワンピース』著者

頑なで張り詰めた少女の心と、あたたかさを求める子どもの本能。ふたつが田舎の美しい光の中、拮抗している。「泣いたって、いいんだよ!」わたしたちも伸ばした手をもてあます大人達のひとりになるだろう。
今日マチ子 漫画家

主人公のひと夏の始まりは、僕の心を孤独感で揺さぶるが、小さき者はいつの間にか成長していく。それに気付く時、彼女の生きる世界の何気ない美しさも見えてくるのだ。
奈良美智 美術家

映画情報どっとこむ ralph 悲しみに、こんにちは
英題:SUMMER1993

7月下旬、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開!

実話から生まれた少女映画の名作誕生!!
小さな子どもから少女へと至る、人生でもっとも異質な時間。
幼き心がはじめて生と死に触れる“特別な夏”を瑞々しく描く、心揺さぶる記憶のフィルム。
 
 フリダは、荷物がダンボールに詰められるのを静かに見つめていた。その姿は、まるで母親が最後に残していった置物のようだ。両親を“ある病気”で亡くし一人になった彼女は、バルセロナからカタルーニャの田舎へ引っ越し、若い叔父夫婦の元で暮らすことになる。叔父と叔母、そして幼いいとこのアナは、家族の一員としてフリダを温かく迎え入れるが、新しい家族として暮らすには互いに時間がかかり・・・。
スペインの新星、女性監督カルラ・シモンが描くのは少女の特別な“ひと夏”。無邪気さと繊細さをあわせ持つ思春期前の少女の心の動きを、美しいカタルーニャの風景を舞台に丁寧に描写した本作は、ベルリン国際映画祭、ゴヤ賞(スペインのアカデミー賞)などの新人賞を受賞。各国の映画祭でその名を轟かせ、2018年アカデミー賞のスペイン代表にも選出される。さらに世界で最も辛口の映画批評サイト「ロッテン・トマト」で100%Freshの最高評価を獲得するなど世界中を魅了した。監督自身の幼少期の記憶や出来事を元に、誰もが記憶の片隅に持っている物語をフィルムに刻みつけた少女映画の名作が、遂に日本公開!

***********************************

脚本・監督:カルラ・シモン
製作:バレリー・デルピエール
出演:ライラ・アルティガス、パウラ・ロブレス、ブルーナ・クッシ、
ダビド・ヴェルダグエル、フェルミ・レイザック
撮影:サンディアゴ・ラカ
編集:ディダク・パロ、アナ・プファ
2017年/スペイン/カタルーニャ語/100分
日本語字幕:手束紀子
配給・宣伝:太秦、ノーム

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ