劇場版ヒロアカ『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』メインビジュアル発表!


映画情報どっとこむ ralph 現在毎週土曜夕方5時30分に日本テレビ系全国ネットでTVアニメ第3期が放送中の「ヒロアカ」が、ついに今年8月3日(金)に初の完全オリジナル劇場版長編アニメーション作品が全国ロードショー!

物語の舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者・ヴィラン敵から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく。

そしてこの度、劇場版のメインビジュアルが遂に解禁となりました!


作品の舞台となる<I・アイランド>のシンボルタワー(200階建て)を巻き込んで躍動するデクたちの姿が!中央には、本ビジュアルで初公開となる謎のアイテムを右腕に装着したデク。そしてその隣には劇場版のオリジナルキャラクターである“無個性の少女”メリッサ。

周囲には爆豪やお茶子、飯田、轟などお馴染みのA組メンバーも勢揃い。更にはオールマイトと、こちらも劇場版オリジナルキャラクターである、オールマイトの旧友・デヴィットの姿も。彼の意味深な表情は、一体何を意味するのか!?そして、タイトルにもなっている「2人の英雄」とは、いったい何を暗示しているのか!?劇場版ならではの大迫力のバトルと、原作では明かされなかった「空白の夏」のストーリー。

原作者総監修の今作から、目が離せません!

映画情報どっとこむ ralph ゲスト声優

●メリッサ・・・志田未来
デクが<”I”アイランド>で出会う”無個性”の少女。”個性”がないことに悩みつつも、尊敬する父デヴィットのような科学者になるべく、 明るく前向きな性格をもって日々努力を続けている。

●デヴィット・・・生瀬勝久
メリッサの父親で、若き日のオールマイトが海外で活躍していた時の相棒。世界的な科学者で、多くのヒーローのサポートアイテムを開発している。オールマイトのコスチュームを開発したことも。

映画情報どっとこむ ralph 「友情・努力・勝利」の系譜を継ぐ、ジャンプ新世代王道作品です。

夏に向けてより一層盛り上がりをみせる『ヒロアカ』に今後もご期待ください!

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~
※「英雄」に「ヒーロー」とルビが入ります

2018年8月3日(金) 全国東宝系にてロードショー!
映画公式サイト:http://heroaca-movie.com/

<あらすじ>
白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。
デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。

世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。
メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。
その時、突如鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムがヴィラン敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてします!
いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する-!
その鍵を握るのは、ナンバー平和ワンのヒーロー象徴・オールマイト。      
映画情報どっとこむ ralph 因みにTVアニメは新シリーズ第3期絶賛放送中でっす!

毎週土曜夕方5:30(※一部地域を除く)/読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
【1期】 放送時期:2016年4月~6月 / 放送局:MBS・TBS系 毎週日曜 17:00~
【2期】 放送時期:2017年4月~9月 / 放送局:読売テレビ・日本テレビ系 毎週土曜17:30~
●世界148ヵ国にて配信
●FUNimationによる北米での配信:2017年4月期、7月期で再生数No.1を獲得

***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴
原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介 キャラクターデザイン:馬越嘉彦 音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
公開日/2018年8月3日(金)
©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会
©堀越耕平/集英社
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ