小堺一機、森本毅郎ら共感&絶賛の声 リチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』に!


映画情報どっとこむ ralph 全員が初共演ながら、本当に30年来の友人のような掛け合いを見せるスティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン。回想シーンは一切なし、30年前に体験した戦争と事件、過ごした年月を会話のみで表現するという、名優が揃ったからこそ実現した映画『30年後の同窓会』は、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります。

そして、本作に共感&絶賛の声、続々!応援コメントが到着しましたのでご紹介!

映画情報どっとこむ ralph ※50音順、敬称略

■落合有紀(編集者/ライター)
2回泣いちゃいました。ブライアン・クランストンは目尻のシワまでヤンチャで素晴らしい。

■小堺一機
友はそんなに沢山は要らない。お互いの根っ子を知っている奴が本当の友だろう。
こんな友が自分にはいるかな?と一寸ばかり心配になった。そ
んなことを考えさせてくれる、そしてアメリカの光と闇まで感じさせてくれる深くて静かな感動をもらえた。感謝!

■後藤岳史(映画ライター)
渋い役者たちが皆良くて、面白かった。
『さらば冬のかもめ』と原作者が同じというだけでなく、映画として気脈を通じ合っています。
ともに、やるせなさの底流に反骨精神が秘められていて、リンクレイターのオマージュを感じます。

■相馬学(映画ライター)
事実を語り、それを知る。
作り事を語り、それを信じる。かたちは違えど、俗者も聖者も語る愛は同じ。
過去を共有する男たちの関係性に浮かび上がる絆。その深い、深い温かさに心が震える。

■高橋諭治(映画ライター)
ユーモアと苦味が入り混じる、寄り道だらけの人生模様。
親密でありながら決してべたつかない主人公3人の絶妙な距離感、そして旅の終着点の厳かさがじわりと胸に染みる一作だ。

■森本毅郎(キャスター)
ベトナム戦争、湾岸戦争が残した痛みを、三人の主人公の旅を通して時には物悲しく、時にはユーモラスに描いている。
30年後に再会した退役軍人の3人の掛け合いが演技を感じさせずとても自然で見事!

■門間雄介(編集者/ライター)
後戻りできない過去と、行く手の定かでない未来の狭間で、
時の流れに翻弄されるミドルエイジの男たちの姿が、しみじみと胸にせまる。

映画情報どっとこむ ralph 30年後の同窓会

6/8(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!



STORY
男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー
(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート
原題:Last Flag Flying/2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル/字幕翻訳:稲田嵯裕里 
主題歌翻訳:多摩ディラン
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ