石川智徹監督・矢本悠馬・I.N.A.・生駒里奈映画『HURRY GO ROUND』初日舞台挨拶 at 角川シネマ新宿


映画情報どっとこむ ralph 1998年5月に人気絶頂の中突然他界した、X JAPANのギタリストhide.

そのドキュメンタリー映画「HURRY GO ROUND」の初日舞台挨拶が5月26日、東京・角川シネマ新宿シネマ1にて行われた。

今作のモチーフであるマーブル模様の風船が揺らめく会場に、石川智徹監督、ナビゲーター役の矢本悠馬さん、hideの共同プロデューサーI.N.A.(hide with Spread Beaver)さん、そしてhideファンを公言している生駒里奈さんが登壇。映画を通じて改めて知ることができるhideの魅力や、今作にかけた想いをそれぞれが語ってくれました。


日付:5月26日
場所:東京・角川シネマ新宿
登壇:石川智徹監督,矢本悠馬,I.N.A.(hide with Spread Beaver),生駒里奈

映画情報どっとこむ ralph 映画「HURRY GO ROUND」は、hideが急逝して20年のプロジェクト“hide 20th Memorial Project”の一環として制作されたもので、hideが亡くなる直前の3ヶ月を追うドキュメンタリー。

今作のナビゲーターを務めて

矢本さん:今回、ドキュメンタリーっていうのも初体験だし、hideさん初心者でもありますし、偉大な方を背負っての舞台挨拶なので、相当緊張しています。

と、今の心境を吐露。「ピンク スパイダー」のロケ地に入ってテンションが上がったという矢本さんは、

矢本さん:途中から完全にhideさんのファンになっちゃって、ロサンゼルスでははしゃいじゃったりもしていて、自分で見てちょっと恥ずかしかったですね、少年に戻ったみたいな感じになっていて。

と撮影を振り返った。

また、今作の撮影をきっかけに発見された「HURRY GO ROUND」のヴォーカル別テイクバージョンについて、

I.N.A.さん:この映画に出演するにあたって、20年ぶりぐらいにデータを開いたんですよ。そしたらその中にhideの別テイクの歌が入っていたんですよね。僕自身もすごくビックリして、これを完成させてみなさんの元に届けられたらいいなあと思ったんです。

と秘話を語った。その音源を聴いて涙が止まらなかったという石川監督は、

石川監督:今回hideさんが奇跡を起こしてくれたのかなと、ちゃんとしっかりみなさんに聴いていただきたいなと思い、最後に入れさせていただきました。

と、感慨深い表情を見せた。

映画情報どっとこむ ralph この日のスペシャルゲスト、元乃木坂46の生駒さん。

hide with Spread Beaverのロゴが入った私物のジャージを着て、自身が選曲した「DOUBT」に乗って登場。hideファンになったいきさつや、

生駒さん:朝のお仕事の時、メイク中に聴いてると、ちょっと安心してお昼寝ができるんです。

という独特のエピソードを語り、会場を沸かす場面も。

生駒さん:hideさんはこういうことを考えて、こういうことを伝えていたんだっていうことをちゃんと知ることができたのがこの映画の魅力だなあと思って、ちょっと泣いちゃいました。

と感想を伝えた。


石川監督:hideさんが亡くなって20年というところもあり、hideさんをまったく知らない人がhideさんと出会える映画を作ったらどうだろうと思いました。

と、今作を制作したいきさつを語っていた石川監督に対し、

I.N.A.さん:こういう映画で矢本くんみたいにhideをまったく知らなかった人たちがhideを繋いでいってくれる、そういうきっかけを与えていただいて、本当にありがたいと思いました。

と感謝の気持ちを述べると、会場からは温かい拍手が贈られた。

映画情報どっとこむ ralph ステージ上では今作で流れる別テイクバージョンの「HURRY GO ROUND」が、6月6日にリリースされるトリビュートアルバム『hide TRIBUTE IMPULSE』に収録されることが発表されました。


映画『HURRY GO ROUND』

全国公開中

hide 20th Memorial Project Film「HURRY GO ROUND」映画特設サイト

映画情報どっとこむ ralph 主題歌
「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」 について

映画『HURRY GO ROUND』から生まれたもう一つの奇跡
この映画がなければ、そしてインタビュー撮影がなければ決して見つかることのなかったボーカルトラック。
hideが導いてくれた偶然は必然となり、20年間眠っていた歌声が今、よみがえる。

~このボーカルトラックが発見されるまで~
映画『HURRY GO ROUND』の製作スケジュールも終盤に差し迫った頃、都内某スタジオにて、hideの共同プロデューサーでもあるI.N.A.のインタビュー撮影が行われた。その撮影シーンを通し、「HURRY GO ROUND」のデモ音源が、20年の時を経て、初めて公の場で聴かれることとなった。部分的ではあったが、その音源にパッケージされた生々しいhideの歌声に、現場スタッフ達は驚きと感動を隠せなかった。撮影終了後、スタッフは「この音源を映画に使用したい」とI.N.A.に切望。だがそれは、あくまでもデモ音源であるため、作品として公開することは不可能と判断された。
 
I.N.A.は、涙ながらに訴えかけるスタッフの声が頭から離れず、その夜、改めて「HURRY GO ROUND」のデモ音源データを見直したという。そして、あるファイルを発見する。

「hide vocal Take2」

それは20年間、誰にも聴かれることなく眠っていたhideの未発表ボーカル音源ファイルだった。



***********************************

監督:石川智徹 
ナビゲーター:矢本悠馬   
出演: 
YOSHIKI  
I.N.A.
山崎洋一郎(ロッキング・オン・ジャパン編集長)
ERIC WESTFALL(ロサンゼルス・レコーディングエンジニア)
松本裕士(株式会社ヘッドワックスオーガナイゼーション代表取締役)他

主題歌:「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」 
      [UNIVERSAL J]

企画・製作:UNIVERSAL CONNECT
制作プロダクション:サーティー・フレーム
配給:KADOKAWA
日本/108分/カラー/ビスタサイズ/5.1chサラウンド
Ⓒ2018 「HURRY GO ROUND」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ