映画『海を駆ける』映画公開直前 & 小説発売記念イベントレポ!


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞し、今や世界の映画人が注目する深田晃司監督の最新作「海を駆ける」はいよいよ明日5月26日公開となります。

そして、この度、5月11日より全国発売された小説「海を駆ける」(文藝春秋)の発売を記念し、その装丁を彩るオブジェの作者であり美術家:田村匡宏先生の個展が緊急開催。

個展初日である本日、スペシャルゲストとして小説の著者で本作の深田晃司監督が登場!2人の関係性や、今回出版された小説の表紙を田村先生の絵を起用したきっかけなど、表現が違いながらも旧知のクリエイター同士、ざっくばらんなトークを展開。

さらに対談の後は、深田監督の小説を映画『海を駆ける』に出演している阿部純子さんが朗読。小さなアトリエに響く、時たま笑みや動きを付けて朗読する声に、来場客は静かに聞き入っていました。

朗読後のアフタートークには『海を駆ける』に出演している太賀さんが、急きょサプライズで飛び入り参加! 4人で『海を駆ける』の世界を、小説と映画、それぞれの視点で作品の魅力をたっぷり伝えるクロスカルチャーなイベントとなりました。


日程:5月24日(木)
場所:ICA SPACE
登壇:田村匡宏、太賀、阿部純子、深田晃司監督

映画情報どっとこむ ralph 【深田晃司監督×田村匡宏 対談】

小説「海を駆ける」の表紙をデザインに使用した田村先生の個展に、映画も公開直前ということもあり、コラボが実現。

深田監督と田村さんは映画美学校の同期でクラスが一緒で出会ったそう。

夜間の学校だったので、生徒の年齢はばらつきがあり、当時、深田監督は19歳で、田村さんは28歳と深田監督は聞いていたが、終業式の日に実は、年齢をサバ読んでいたとの話に会場には笑いが。(本当は36歳。)

もともと、美術家だった田村さんがなぜ映画の学校に来たのか?という深田監督の質問に対し、

田村さん:個展を開こうと思ったら、何回か借りていた場所が閉廊してしまいショックだった時にたまたま映画美学校のチラシ貰って、映画を作る人たちが映画をどう見てるのか不思議で興味を持ったんです。

ときっかけを教えてくれました。


深田監督は田村さんに当時、強い影響を受けたそうで、

深田監督:終業制作を作れるのは、選ばれた数人で、私は選ばれなくて落ち込んでいたんですが、田村さんは選ばれるために自分で書いた脚本を撮影し、何度も何度も映像を先生に出していたんです。結果、田村さんも選ばれずに落ちてしまったのですが、結果が出る前に、その脚本を40分ほどの短編映画に完成させていて、自分は選ばれるのをただ待っていたと気付かされたんです。選ばれる・選ばれない関係なく、撮ってしまえばいいという姿勢に学ばされましたね。

と語る深田監督。

田村さん:当時は全てがすごく新鮮で、自分がしているのが恥ずかしくて、皆堂々としていたのが凄かったですね。あとロケ弁が美味しかったですね(笑)



学校卒業後は田村さんの作品に深田監督がカメラマンとして参加し、一緒に映像を作ったという。脚本が過激な内容だったため3本連続、役者が絶えれず辞めるというのが続いたという。あまりにも続いていたので

田村さん:また女優が下りた。

と田村さんが深田監督に伝えると、

深田監督:いよいよ、面白くなってきましたね(笑)

と言うほどだったという。

田村さん:役者が下りたり、傷付けてしまったことが深田監督にはあるのか?

と質問に、

深田監督:役者さんが下りたことはないが、この前インドネシアで『海を駆ける』という映画を撮ったのですが、舞台がインドネシアだったので、大半のセリフをインドネシア語を入れていたら、女優の鶴田真由さんにフェイスブックのメッセージを通じて『監督、本気ですか!?』と来て、怒らせちゃったかもとは思いました。

と近々の裏話を話していただきました。

逆に深田監督の作品にも田村さんの協力は多々あるらしく、深田監督の『ほとりの朔子』や『淵に立つ』に田村さんの絵を使用してるとの撮影秘話も。そして今回のコラボに関し、

深田監督:今回は自分の作品と田村さんの作品がしっかり関われて嬉しいですね、小説を出版する際に田村さんの絵は元々知っていて、田村さんのこの作品は小説にぴったりだと思い、表紙のデザインに提案しました。

と、表紙に提案したのは深田監督からだったと語りました。


映画情報どっとこむ ralph 【朗読】
深田監督の小説を映画『海を駆ける』に出演している阿部純子さんが朗読。


【朗読後アフタートーク】

このイベントを知り、仕事終わりに見に来たとのことで『海を駆ける』に出演している太賀さんが、急きょ飛び入り参加。観客にとってはうれしいサプライズとなった。

深田監督から朗読会の感想を聞かれ、阿部さんは初めての朗読会にチャレンジしてとても緊張した、と本音を吐露。

阿部さん:途中で立ったり動きを付け、自分なりに必死にもがいてみました。映画で演じていて感じた感情とまた違い、役が蘇ってきました。

と言う阿部さんに、アドリブの振りがとても良かったと、監督に褒められ、嬉しいさ隠しきれない阿部さんのはにかんだ笑顔に、観客もつられて暖かい雰囲気に包まれる一幕も。


太賀さんも過去に坂本裕二氏の朗読会をしたことがあり、

太賀さん:僕が行ったのは朗読劇で、読むのはすべてセリフだったので、普段のお芝居に近かったですね。なので、今回朗読会を聞いてて、(セリフ形式ではなく)ほぼト書きなので、違いがあって楽しかったです。

と一般の方々と朗読会を楽しんでいた様子。

『海を駆ける』がインドネシアでの撮影だったことに対して、

阿部さん:とにかく暑かったですね、日本と比較にならない位日差しが強かったんですけど、カラッとしてましたね。

と気温の違いにかなりびっくりしたよう。

太賀さん:文化が全く違って、お酒売ってなかったり、娯楽施設がなかったのにびっくりしましたね。

というと、深田監督も当時を思い出し

深田監督:ホテルの近くにショッピングモールがあって、バンダ・アチェは映画館がないのですが、映像を上映する映画館みたいなものがあり、4Dではなく、9Dだったんです。椅子が動いたりする4DXをもっと野蛮にしたイメージですかね。恐らく許可撮ってないんじゃないかな、貞子がでてくるのがありましたよ。

と言うと、太賀さん、阿部さんも「あった、あった!!」と現地の様子を思い出していました。


今回、小説の表紙に使用した田村氏の絵に対して
後ろに飾られている絵は、小説のカバーを外した際にデザインされている。

田村さん:この絵は青色をたくさん使っているので、海とか空を連想するが、これは全く意識してなくて、全く無関係で作ったんです。

と作品に対していうと

深田監督:本当にこの絵は小説にぴったりで、SNSでこの表紙をすごく気に入ってくださる人がいて、この絵は小説を熟読し、意識して書いているに違いない、みたいに誉めていただいたんですが、実は田村さん、まだ小説読んでくれてないんですよね。

と、暴露されていて会場もびっくり。

絵に対して

阿部さん:深い青色の紙に色を塗り重ねてるように見えました。この絵を見てると、アチェの場所を思い出しますね。アチェも暗い歴史を持ってる部分があるけど、現地の方々が明るくて、その歴史を塗り替えるように色を重ねているように、似ているなと感じました。

と感想を明かし、

太賀さん:僕も絵を見て、青の中に色んな無数の青があって、その分色々想像する、考えてしまうのが、宣伝みたいになってしまいますが、奇しくも『海を駆ける』と似ているな、と感じました。

と、率直な感想とともに、さりげなく宣伝を入れる愛嬌に会場が笑いに包まれました。

深田晃司が描いた『海を駆ける』は、映画という表現から端を発し、絵画、小説、に続き朗読という形で次々と挑戦し、表現の幅を広げていく意欲的なイベントでありながらも、深田ワールドを会場全体が暖かく包む、アットホームなイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 海を駆ける

は、2018年 5月26日 テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国ロードショー

公式HP:umikake.jp


物語・・・
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー果たしてラウは何者なのか…

未来記事:
ディーン・フジオカ、太賀、鶴田真由、阿部純子、セカール・サリら登壇!『海を駆ける』初日
http://eigajoho.com/111356


***********************************

キャスト
ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ
監督・脚本・編集:深田晃司

企画制作:日活 配給:日活 東京テアトル
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ