小泉徳宏監督、yui登壇 !ハリウッドリメイク『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』を喜ぶ


映画情報どっとこむ ralph 映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』。
太陽の光にあたることができず夜しか外出できないケイティと、怪我によって夢を諦めてしまった水泳部のチャーリーの切なくも愛おしい物語。小さな恋を大切に守ろうとする家族や友人たちの愛の深さは、観る者の心に「本気の恋」とは何かを語りかけてくる。≪夜しか会えない二人≫の最高の感涙ラブストーリーがスクリーンを席巻し、感動の涙で包み込みます。

そして今回、本作が2006年に公開された日本映画『タイヨウのうた』がもとになっているということで、小泉徳宏監督と主演を務めたyuiがゲストのトークショーが行われました。

公開から12年が経った今、『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』としてリメイクされた本作の感想や、元になった『タイヨウのうた』を振り返りながら当時のエピソードを語りました。


日時:5月20日(日)
場所:新宿ピカデリー
登壇:小泉徳宏監督、yui(FLOWER FLOWER)

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の前に、『タイヨウのうた』の小泉憲宏監督と主演を務めたyuiが温かい拍手の中登壇した。

監督は少し緊張気味のご様子で

小泉監督:この『ミッドナイト・サン』は自分の映画じゃないですし、こういう形でやるのが初めてなので緊張しますね。シュワちゃんに迷惑をかけないよう頑張ります(笑)。パトチャンかな?

とシュワルツェネッガーの息子が主演であることをいじる小泉監督。続いて

yui:私も迷惑をかけないように気を付けます!

と挨拶し、イベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph
まず、ハリウッドリメイクについて知らされたときの感想について、

小泉監督:実は何回か話は来ていたんですが、実現に製作まで至らずだったんです。で、気が付いた時には話が結構進んでいて。なんで僕に撮らせてくれなかったんだろう(笑)せめてチョットかませていただきたかったです。
と悔しがる監督。それを受けて

yuiさん:自分のことのようで自分のことではないんですが・・・・すごく嬉しいなって素直に思いました。

と静かに喜びを表現。

本作を事前に鑑賞して、自分で撮りたかった監督は・・・

小泉監督:プロ目線で言うとすごい研究されたなと。オリジナルをたくさん見ていただき、リスペクトをしていただいています。そして、大胆に変えてくれているところも。なるほどな、よく考えられているんです。ずるいな。さすがハリウッドですね。

と感心した様子を見せました。特に

小泉監督:お父さんの絡みは弱いですね。正直、泣いてしまいました。自分が死んだあとのことを心配するシーンは刺さりましたね。

と印象的なシーンを思い出していた。
ここでyuiさんは撮影時の驚きのエピソードを明かしました。

yuiさん:現場から脱走したことがあったんです。初めてのことが多くて、監督の想いと役の気持ちを表現したいという部分でぶつかったんです。

と女優霊が出るというスタジオの夜中にyuiさんが居なくなるということがあったそう。

しかし、本作を観て

yuiさん:本作は監督が仰っていた爽やかにしたいというのが受け継がれている気がします。

と撮影時のエピソードを交えて感想を明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 小泉監督:『タイヨウのうた』のリメイクはベトナムだったり、韓国でも舞台化していただいていますし、そしてハリウッドでもという広がり方は初めてだったので嬉しいです。

と改めて初監督作品が日本から世界へ発信されていることに感慨無量のご様子。。


続けて、『タイヨウのうた』との比較について、監督は歌の扱い方について挙げ、

小泉監督:『タイヨウのうた』は「歌を中心に構築していくが、『ミッドナイトサン』は歌があくまで要素になっていてストーリーとして大事なところを描いている。映画的な構築の仕方が違うな

と分析していた。
yuiさん:最後の展開が少し違うんですが、そこが幻想的というか現実的だなと思いました。

と語る。

映画情報どっとこむ ralph 最後に本作に込められたメッセージについて、
小泉監督:ヒロインが亡くなる映画は世の中にたくさんあるけれど、オリジナルや本作もそうですが、“死”というより“生きている”ことを描いている気がする。大事なのは命の長さではなくどれだけ輝けるか。当たり前だと思っていることが実は当たり前じゃないんだよ、というところを受け取っていただければいいのではないか。

と力強く語った。

yuiさん:大切な人に突然会えなくなってしまうことって、あるんですよね。会いたい人には今会った方がいいよ、とちゃんと言ってくれる映画だと思うんです。なので大切な方を思い出した方は、近々会いに行ってあげてください!
と、イベントを締めました。

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~

原題:MIDNIGHT SUN

物語・・・
二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー 
17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。
***********************************

監督:スコット・スピアー
脚本:エリック・カーステン
音楽:ネイト・ウォルコット
出演:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット アメリカ/2018年/英語/シネスコ/92分/字幕翻訳:野城尚子/
配給:パルコ
提供:パルコ/バップ/松竹
協力:S・D・P
© 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ