鋤田正義×立川直樹登壇『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph デヴィッド・ボウイをはじめ、イギー・ポップ、マーク・ボラン、ジム・ジャームッシュ、寺山修司、YMO、忌野清志郎など、時代の寵児たちをカメラに収め、代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家・鋤田正義。彼の軌跡をたどりながら、鋤田とコラボレーションしてきた世界に名だたる著名人がそんな彼の人柄や撮影秘話などを語る貴重な映像が盛り込まれたドキュメンタリー映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』が本日5月19日(土)公開初日を迎えました。

その公開を記念し、写真家・鋤田正義さんご本人と、鋤田の写真展をプロデュースした経験もある立川直樹さんの両氏が登壇し、トークセッションがおこなれました。


日程:5月19日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:鋤田正義、立川直樹

映画情報どっとこむ ralph 初日9:45上映からの初回終了時の舞台挨拶にも関わらず、会場は満席!!

そんな中、本作主人公でもある写真家・鋤田正義と、鋤田の写真展のプロデュースを担当したことのある立川直樹氏が登場すると、会場は大きな拍手に包まれまた。

鋤田さん:本日は朝早くからお越しいただきましてありがとうございます。

と足を運んでくれたお客様へまずは感謝の気持ちを伝え。

立川さん:早速ですけど、私自身も出演しましたが、自分を追った映画を観てどうでしたか?

と聞かれ

鋤田さん:1回は観たんですけど、半分は覚えてないんですよ。やっぱり恥ずかしくって、どうも落ち着かなくて。時間がたたないと実感しないのかもしれないですね。この映画の撮影の際は、監督に言われたまま動いていました。

笑顔で返答。

映画情報どっとこむ ralph
現在鋤田の故郷・福岡県直方(のおがた)市で開催されている写真展の話題になり、

鋤田さん:明日の20日(日)までですが、「ただいま。」展を、生まれ育った直方市の人口は約5万人なのですが、1万人を超えるお客様が足を運んでくれてます。直方市だけではなく、福岡、遠くは東京近郊などからもわざわざ足を運んでくれていて、本当にうれしいです。

とご満悦。長年付き合いのある立川さんは

立川さん:5年前のことになってしまうんですが、鋤田さんの写真展をプロデュースして、鋤田さんがこんなことをやっている人だとわかってもらえて嬉しかった。鋤田さんの人生って本当に映画みたい!

と語った。

舞台に飾られたポスターに目が留まった立川さんが、ボウイとイギーの撮影のことを切り出すと、

鋤田さん:このイギーの写真は、2回目のタイミングでソウルのスタジオを借りて撮影したんですよ。1回目は1977年、ボウイと一緒に来日した際に、それぞれ1時間ずつもらって撮影したんです。ボウイの圧倒的な表現力に、その時イギーは戸惑っていたみたいに感じました。でもソウルで2回目に撮影したときは、イギーは以前よりも自身で表現しようとしていてすごく表情が良かった。

と鋤田さんが懐かしそうに語ると、

立川さん:運慶の仏像みたいでしたよね。そうそう。イギーはいつも上半身裸で。今も昔もライブ中は裸でパフォーマンスして、かつ客席に飛び込んでましたよね。ボウイは着込んでカッコイイ。イギーは傷だらけになってもカラダで表現しようとしてたよね。

と当時を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph 映画の冒頭でも描かれている布袋寅泰の人生を変えたマーク・ボランのギターを持った写真の話しになると、

現在鋤田の故郷・福岡県直方(のおがた)市で開催されている写真展の話題になり、

鋤田さん:明日の20日(日)までですが、「ただいま。」展を、生まれ育った直方市の人口は約5万人なのですが、1万人を超えるお客様が足を運んでくれてます。直方市だけではなく、福岡、遠くは東京近郊などからもわざわざ足を運んでくれていて、本当にうれしいです。

とご満悦。長年付き合いのある立川さんは

立川さん:5年前のことになってしまうんですが、鋤田さんの写真展をプロデュースして、鋤田さんがこんなことをやっている人だとわかってもらえて嬉しかった。鋤田さんの人生って本当に映画みたい!

と語った。

舞台に飾られたポスターに目が留まった立川さんが、ボウイとイギーの撮影のことを切り出すと、

鋤田さん:このイギーの写真は、2回目のタイミングでソウルのスタジオを借りて撮影したんですよ。1回目は1977年、ボウイと一緒に来日した際に、それぞれ1時間ずつもらって撮影したんです。ボウイの圧倒的な表現力に、その時イギーは戸惑っていたみたいに感じました。でもソウルで2回目に撮影したときは、イギーは以前よりも自身で表現しようとしていてすごく表情が良かった。

と鋤田さんが懐かしそうに語ると、

立川さん:運慶の仏像みたいでしたよね。そうそう。イギーはいつも上半身裸で。今も昔もライブ中は裸でパフォーマンスして、かつ客席に飛び込んでましたよね。ボウイは着込んでカッコイイ。イギーは傷だらけになってもカラダで表現しようとしてたよね。

と当時を振り返った。

鋤田さん:彼は群馬の小さな楽器店でマーク・ボランの写真に衝撃を受けて、ふと目線を下げたら店内にギターがあって、この道(=ミュージシャン)に進んだということを対談した時に聞いて。この一件にびっくりしたし、嬉しかった。自分の写真が役立って。

と誇らしげに語った。

鋤田さん:今月に80歳の誕生日を迎え、国内外で写真展、そして映画、アーティストのポートレート撮影と、写真を通して多くの人に知ってもらい、巨匠といわれるようになってしまっったんですよね。ポートレートの撮影が難しくなったような気がして。撮影の時は同等でありたいんです。“SUKITA”に撮られるという気持ちを撮影対象者が持ってしまうと同等ではなくなってしまうようで。有名にはなりたくないかな。

と表現することの難しさを吐露。

鋤田さん:国内外で写真展は数多くやってきたが、きっかけの時期かなと思っている。今後は風景やスナップに移ろうかな。

と新たな挑戦を熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後には・・・

5月5日に満80歳となった鋤田さんにお祝いのバースデイケーキならぬ“バースディどらやき”が贈られて、満面の笑顔に。

鋤田さん:映画も写真展も多くの人に見てほしいです。宣伝してください。

とアピールしていた。

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬

は、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開中。

公式サイト:sukita-movie.com

デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストの代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手がけてきた日本人写真家がいるーー。鋤田正義、この5月で80歳。ボウイとの親交は40余年に及び、マーク・ボランを撮った1枚は、ギタリスト・布袋寅泰の人生を決定づけた。本作では鋤田自身が写真への情熱を語るだけでなく、錚々たるアーティストたちが貴重な撮影秘話を披露し、彼の人柄や創作活動に迫ってゆく。


***********************************

監督:相原裕美(コネクツ)
出演:鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里 リリー・フランキー クリス・トーマス ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVI PANTA アキマ・ツネオ 是枝裕和 箭内道彦 立川直樹 高橋靖子 他
製作:コネクツ ハピネット スペースシャワーネットワーク パラダイス・カフェ パルコ 鋤田事務所
配給:パラダイス・カフェ フィルムズ
2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分
©2018「SUKITA」パートナーズ
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ