櫻井翔×広瀬すず×福士蒼太「ラプラスの魔女」が第21回上海国際映画祭公式上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 2015年に執筆30周年を迎えた東野圭吾が発表した野心作を櫻井 翔、広瀬すず、福士蒼汰という人気絶頂の3人の初共演で映画化した「ラプラスの魔女」が第21回上海国際映画祭(6月16日~6月25日開催予定)にて公式上映(非コンペ部門)されることが決定しました!
上海国際映画祭は1993年より開催され、アジア最大級の規模を誇り、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の長編映画祭です。

更には、韓国や中国、東南アジア諸国などアジア12の国と地域での配給も決定!

韓国、中国、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、ベトナム、タイ、
カンボジア、ラオス、ミャンマー

来週5/21には、福岡での大ヒット御礼舞台挨拶も行われることが予定されているなど、ゴールデンウィークの公開以来、日本中で旋風を巻き起こしている『ラプラスの魔女』が世界でも席巻へ!

公式サイト:
http://laplace-movie.jp/
公式Twitter:
@laplace_movie 
#ラプラスの魔女

謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介を演じるのは、4年ぶりの映画単独主演となる、櫻井 翔。

自然現象を予言するヒロイン・羽原円華には、広瀬すず。円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人に、福士蒼汰。人気絶頂の3人の俳優が本作で初共演を果たす。さらに、豊川悦司、玉木 宏、リリー・フランキー、高嶋政伸、檀れい、志田未来、佐藤江梨子、TAOといった実力派人気キャスト達が集結。

監督は、鬼才・三池崇史
自然現象を操って人を殺せるのか―事件の鍵は“未来予知”!?
ラプラスの悪魔―それは“計算によって、未来を予知できる者”。
19世紀、フランスの天才数学者ピエール=シモン・ラプラスはある仮定を立てた。「もし世界に存在するすべての原子の現在位置と運動量を把握する知性が存在するならば、その存在は物理学によってこれらの原子の時間的変化を計算できるだろう。つまり、未来の状態がどうなるかを完全に予知できるはずである」。―未来に起きる出来事をすべて予知できる者。神にも等しいその存在を、のちの学者は[ラプラスの悪魔]と呼んだ。

立証不可能な事件を調査する地球化学教授。その前に現れたのは、“未来を予見する女”。
いま運命が大きく動き始める。

***********************************

出演:櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO/玉木宏
高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司 
監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
原作:東野圭吾「ラプラスの魔女」(角川文庫刊)
主題歌:「FADED/フェイデッド」 アラン・ウォーカー(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
配給:東宝(株)
制作協力:楽映舎
製作プロダクション:東宝映画 OLM
Ⓒ2018 「ラプラスの魔女」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ