本日ルーカス誕生日にSSFF & ASIAグランプリを「ジョージ・ルーカス アワード」と改称!


映画情報どっとこむ ralph 国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)は、20周年を迎える本年、3つのオフィシャルコンペディションの中から選ばれるグランプリを「ジョージ・ルーカス アワード」と改称いたします。

『スター・ウォーズ』シリーズなどを代表作とし、多くのフィルムメーカーに多大なる影響を与え続けるジョージ・ルーカス監督とSSFF & ASIAの関係は、映画祭の設立者であり代表の別所哲也が、
ロサンゼルスで映画祭にかける作品を探している中で出会った、ジョージ・ルーカスが南カリフォルニア大学の学生時代に撮ったショートフィルムから始まります。

ルーカスフィルムのドアをたたき、映画祭について熱い思いをつたえ作品の上映交渉を行いました。

すぐさま監督直々に「ぜひやりなさい」という返事をもらい、意気揚々、1999年に映画祭をスタートしました。
映画祭時には、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の公開に合わせて来日したルーカスがアメリカ大使館での映画祭レセプションにサプライズで登場し、「どんな人にもスタートがある。そのスタートをわたしたちは応援する」と応援をいただきました。


映画情報どっとこむ ralph ジョージ・ルーカス監督より映画祭の開催20周年を記念してメッセージ。

ジョージ・ルーカス監督から別所哲也へ

私自身、大好きな映画の世界へは学生時代に制作した一本のショートフィルムから始まりました。今もその夢は続いています。今年、ショートショート フィルムフェスティバル & アジアが20周年を迎えると聞きました。思えば、この素晴らしい映画祭の始まりに、私の夢の第一歩であったショートフィルムも紹介頂きました。私の名を冠したアワードを設ける事で、私と同じくショートフィルムでキャリアをスタートした次世代のフィルムメイカーにエールを送りたいと思います。

哲也、20周年、おめでとうございます!ショートフィルムとともにあらんことを!


映画情報どっとこむ ralph 別所哲也からジョージ・ルーカス監督へ

1999年に東京・原宿で誕生したショートショート フィルムフェスティバル&アジアが20周年を迎えました。ジョージ・ルーカス監督にはオープニングの際から応援頂き、感謝の気持ちばかりです。
映画祭初年度、アメリカ大使館でのレセプションに駆けつけてくれたときには、まさかと驚き、狂喜したものです。今回、このジョージ・ルーカスアワードについてのニュースは、監督の誕生日である5月14日に発表しますが、まるで、監督から逆バースデープレゼントを頂いた気持ちです。感謝と共に、監督の名言を皆さんにも贈りたいと思います。「夢ほど重要なものはありません。それを心に描かない限りあなたは何も成し遂げられません。」
***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ