中山美穂、キム・ジェウク 登壇!映画『蝶の眠り』初日舞台挨拶!新垣隆が生演奏!


映画情報どっとこむ ralph 中山美穂5年ぶりの主演映画『蝶の眠り』が5月12日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国公開。

公開初日を記念して、主要キャスト登壇の初日舞台挨拶が行われ、中山美穂さん、キム・ジェウクさん、新垣隆さん、チョン・ジェウン監督が登壇!

劇中で中山美穂の愛犬を演じたトンボも公開を記念し、お祝いに駆けつけます!

動物好きの二人の貴重な素顔が垣間見られるかも⁉しれません。

また、本作で初の長編映画音楽監督を務めた新垣隆さんは、舞台挨拶生演奏で劇中曲を披露!

映画『蝶の眠り』初日舞台挨拶
日時:5月12日(土)
会場:角川シネマ新宿 シネマ
登壇者:中山美穂、キム・ジェウク、新垣 隆、チョン・ジェウン監督、トンボ(ラブラドール・レトリバー)

映画情報どっとこむ ralph 昨年の釜山国際映画祭のレッドカーペットでは地元韓国メディアからも“ベストカップル”と評された主演の中山美穂と相手役を務めるキム・ジェウクが舞台挨拶に初めて揃って登場ということで客席は見たばかりのお客様たちは熱気を帯びて待ちわびる雰囲気!

大きな拍手と歓声の中、客席を通って登壇!

中山さん:嬉しいですね。観に来てくださってありがとうございます。公開する日を迎え皆さんに観ていただける日を楽しみにしてきました!ホッとしました。

ジェウクさんは幼少期日本で育ったそうで日本語がメチャメチャ上手。
ジェウクさん:昨日日本に来て、韓国ではない国で自分の映画が公開になるのは不思議な気持ちです。日本は子供のころ住んでいた特別な国なので何とも言えない感情です!

新垣さん:先月試写会で上がってしまって大変だったのですが・・・今日は大丈夫・・・でも血糖値は上がってると思います。
と、言う新垣さんの顔は緊張気味(笑)

ジェウン監督:美しい二人の俳優。そして、美しい音楽を作ってくださった新垣さんと共に初日を迎えられて、本当にうれしいです!映画を観に来ていただきまして、本当にありがとうございます。もの凄くうれしいです!
との、其々の挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 中山さんは5年ぶりの主演。
中山さん:初めてでしたが、初めてじゃないような。びょうきやわかれ、すれ違い、哀しみを詩的に流れるように演出されていたので、出来上がりを観てこの作品に出られて本当に良かったなと思いました。

中山さんが実在するのかと思っていたこともあるジェウクさん
ジェウクさん:子供の頃に見ていた役者さんたちとお会いすることは多いので、ドキドキに鈍感になっていたのですが・・・中山美穂さんは特別な方で、韓国でみんな知ってる『ラブレター』に出演していた方と共演することが実感できなくて、最初にお会いした時の印象は死ぬまで忘れません。映画を観たら、映画一緒に撮ったんだと実感して、光栄でした。

最初にお会いした時のことは

中山さん:衣装合わせの時にお会いしてガン見してしまいました!
と言う中山さんに

ジェウクさん:その瞬間空気が止まりました。凄く長い時間が流れて・・・Okと言う風に思って思えた気がします。

ジェウン監督:衣装合わせの時に二人が立っている姿を見て余りにも化学反応が良かったので、誰がこの組み合わせを考えたのだろう?と自画自賛しました!お二人本当に似合うなと。

言う監督。
既に衣装わせの時に良い映画になるのを確信できたそう。

ジェウン監督:映画を撮りながら、お二人と話しながら撮影を進めていく時間は楽しいものでした。

と、付け加えました。

映画情報どっとこむ ralph 今回全編日本語のジェウクさんは

ジェウクさん:先ず韓国語のセリフが一言しかしかなくて。芝居をやっていく上に、文学的詩的な文書が多くて、普段使う言葉じゃなくて、イントネーションは気を付けましたね。現場で中山さんにもお世話になりました。韓国人の留学生役だったので、韓国人ぽくするか悩みましたが、監督とも話して出来るだけうまい日本語で演じました。大変でしたが勉強になりました。

と話す、ジェウクさんは、日本語での映画やドラマの芝居ができる機会があればと、日本での仕事に前向きな発言もファンに嬉しい限り。

中山さん:本当にお上手なので、そのままで良くて。庭師だけ言えなかったんです。

ジェウクさん:庭師初めて聞いた単語でした。
また、日本の現場は三食お弁当で、辛い物がなくて「こりごり」だったとのエピソードも。

映画情報どっとこむ ralph 新垣さんは初の長編音楽に挑戦。出来上がった映像を見て音楽を付けたそうで

新垣さん:二人の心のやり取りを、音楽で増幅するのではなくて、寄り添うような音楽に・・・しました。緊張はしてないです。

新垣さんが『再会』を生演奏。
映画情報どっとこむ ralph そして、韓国での公開が9月に決定と発表!

ジェウン監督:日本で公開して、それが韓国で公開となるのは初めての経験。日本での反応が良ければ韓国でもよくなるのでよろしくお願いします。
中山さん:ラブレターが好きだと言う監督からのオファーで生まれた作品なので、また、韓国の方達にもたくさん見ていただけたら嬉しですね。

ジェウクさん:中山さんに是非韓国の舞台挨拶に来ていただきたいですね。


可愛いゲスト、劇中で中山美穂の愛犬を演じたトンボが登場してフォトセッションが行われました!

『蝶の眠り』

公式HP:
chono-nemuri.com

物語・・・
50 代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女性小説家・松村涼子(中山美穂)。作家として成功し、満ち足りた生活を送る涼子だった が、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎える前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を 務め始めた涼子。

ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、ひょんなことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実 と小説の世界は混沌として交差して行き、二人も徐々に惹かれあっていくのだった。しかしアルツハイマーは容赦なく進行していく。愛と不安と苛立ちの中、涼子はチャネとの関係を精算しようと決意するのだが、その思いはチャネには受け入れがたく、二人の気持ちはすれ違っていく…。

***********************************

出演:中山美穂 キム・ジェウク/石橋杏奈 勝村政信 菅田 俊 眞島秀和 澁谷麻美/永瀬正敏

監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
ストーリー・劇中小説:藤井清美
企画・製作:山上徹二郎 坂本敏明 イ・ウンギョン
プロデューサー:山上徹二郎 イ・ウンギョン 山口幸彦
製作:シグロ、キングレコード、ZOA FILMS
制作プロダクション:シグロ
配給:KADOKAWA
©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS 2017
日韓合作映画/日本語/112 分/5.1ch/DCP
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ