千葉雄大『ピーターラビット』“ウサギ”まみれイベント、そしてジャパンプレミアへ!


映画情報どっとこむ ralph 全世界110カ国(35カ国語)で発行され、シリーズ累計2億5000万部のベストセラー絵本、ビアトリクス・ポター原作の「ピーターラビット」がハリウッドで初めて映画化、5月18日(金)より全国公開いたします。圧倒的な美しさを誇るイギリスの湖水地方を舞台に、青いジャケットがトレードマークのピーターが活き活きと走り回り、まるでミュージカルのような心躍る世界で魅了します!

この度5月10日(木)に、千葉雄大さんはジャパンプレミア試写会前に、東京ミッドタウン日比谷 パークビューガーデンにて、湖水地方さながらの庭園!?で本物の“ウサギ”にまみれイベント!
その後、ジャパンプレミアへ!

『ピーターラビット』ジャパンプレミア試写会&“ウサギ”まみれイベントその1
日時: 5月10日(木)

ウサギまみれイベント
会場:東京ミッドタウン日比谷 パークビューガーデン(6F・屋外)
登壇者:千葉雄大

ジャパンプレミア試写会
会場:TOHOシネマズ日比谷
登壇者:千葉雄大、森泉、髙梨沙羅、ウィル・グラック監督

映画情報どっとこむ ralph 午前中の荒れ模様の天気が一転、晴天に!ウサギさんたちが首を長くして待つTOHOシネマズ日比谷の6Fの屋外広場。
千葉さんが現れると、ウサギさんたちは一目散でベンチの下へ!

千葉さん:可愛いですね。。。

と周りのウサギを見て一言。ラビットの声のオファーを受けて
千葉さん:世界中で愛されているピーターラビットの声はすごく有難さと緊張がありました。声優は何度かやっていますが、ただ今回はかわいいだけでなく自由な活動的な部分もある2面性のある役は面白かったですね。激しいいたずらをしても、誰にも憎まれない。愛されるキャラクターで、僕と同じだなと!(笑)

と記者納得の共通点を上げました。今回歌も歌っている千葉さんは

千葉さん:エンドロールで歌わせていただいてますが、最後までまっとう出来てよかったなと思いました。

自由に動き回り、脱走するウサギに
千葉さん:みんなの気持ちがわかります。

と、流石リーダーのピーターラビット役の千葉さん。

アンバサダーとして、PR活動を続けてきて
千葉さん:英国大使館にタキシードで行かせていただいたのが印象に残っています。凄い綺麗で美しかったですね。地方だと大阪、名古屋。東京ではバラエティーとか色々。より多くの方に観ていただきたくて活動させていただきました。

最後に・・・

千葉さん:お子様向けのイメージあるかもしれませんが、大人にしかわからないコミカルな部分や、ウルっとする部分もあって幅広い層のお客様に観ていただきたい作品です。

フォトセッションの後、ジャパンプレミアへ

映画情報どっとこむ ralph ピーターラビット

は5月18日(金)日本公開です!

公式サイト:
PeterRabbit-movie.JP

公式twitter:
@PeterRabbit_JP
#ピーターラビット

物語・・・
ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。亡き両親のことを想うと寂しいけれど、ビアの存在がすべてを吹き飛ばしてくれる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症で動物嫌いのマグレガーが隣に引越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと、あの手この手で動物たちを追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの“恋心”も絡まって思わぬ大事件に発展!ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへと向かうのだが――。



***********************************

監督:ウィル・グラック(『ANNIE/アニー』『ステイ・フレンズ』)
原題:Peter Rabbit 全米公開日:2月9日
出演:ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』『X-MEN:アポカリプス』)、ドーナル・グリーソン(『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『スター・ウォーズ/最後の
ジェダイ』)
声の出演:ジェームズ・コーデン(『はじまりのうた』『イントゥ・ザ・ウッズ』、「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」司会)、デイジー・リドリー(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『オリエント急行殺人事件』)、マーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』) 本作アン
バサダー&日本語吹替版声優(ピーター):千葉雄大
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ