羽生生純先生が映画『ルームロンダリング』から刺激を受けコミカライズを熱望!単行本発売!


映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

主人公・御子を演じる池田エライザに加え、胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役にオダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優、健太郎。個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じます。他にも木下隆行、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。

そんな本作は、松尾スズキ監督で映画化された「恋の門」や、「俺は生ガンダム」など独創的な漫画でファンを魅了してきた漫画家・羽生生純がコミカライズを手がけ、2017年12月よりコミックビーム(エンターブレイン刊)にて連載されております。

ポップで可愛らしい映画をコミカライズすることについて、羽生生純は「同じDNAを持って生まれながら“異母兄弟”のような作品にしたかった」と語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして!
この度、このコミック「ルームロンダリング」の単行本(上巻)の発売が決定いたしました。

巻末には、いつもコミックビームを愛読しているという池田エライザと、羽生生純、監督をつとめた片桐健滋が、池田エライザ手作りのシナモンロールを食べながらの鼎談インタビューも掲載!

羽生生純先生のコメントです!

羽生監督:この脚本は、絶対に変な折り目をつけたりしないで大事にしようって、大切にしたくなる一作だったんです。
「ルームロンダリング」(上巻)巻末鼎談より抜粋

映画情報どっとこむ ralph ◆コミック「ルームロンダリング」(上巻) 概要◆

原案:片桐健滋・梅本竜矢 作画:羽生生純

定価:本体720円+税

電子版:希望小売価格 本体720円+税

2018年5月11日発売
KADOKAWA刊
ISBN-10: 4047351881

話題の映画を、『恋の門』『俺は生ガンダム』の異能の傑物が前代未聞のコミカライズ!

月刊コミックビーム(KADOKAWA刊)大好評連載中

映画情報どっとこむ ralph ルームロンダリング

7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー

公式HP:
roomlaundering.com

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。

その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。

しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ…⁉


出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ