映画情報どっとこむ ralph 5月12日(⼟)公開、昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画 『孤狼の血』。

本作の公開を記念し、紀伊國屋書店新宿本店(東京都新宿区新宿3丁目17­7)にて特別展(5月31日まで開催。 劇中で使⽤された衣装や小道具を展示)開催記念テープカットと公開記念トークイベントが開催されました。


役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、江口洋介、竹野内豊、石橋蓮司など豪華キャストの共演が話題の映画『孤狼の血』。

テープカットイベントでは主演の役所広司さん。原作者の柚月裕子先生が登壇。
トークイベントではテープカットで登壇された役所広司さん、柚月裕子先生に加え、白石和彌監督、MCには赤ペン瀧川先生が登壇されたイベントが開催されました。

日付:5月5日
場所:紀伊國屋書店新宿本店
登壇:役所広司、柚月裕子先生、白石和彌監督、赤ペン瀧川

映画情報どっとこむ ralph 当日イベントでは、GW真っ只中ということもあり、開始前のも関わらず大勢の人だかりで紀伊國屋書店新宿本店前はまるで祭りのような盛り上がり!!

テープカットイベントではMCの紹介と共に役所広司さん、柚月裕子先生の順で登場。
瞬間、新宿の街が⼀気に歓声に包まれました。

MCから挨拶を求められ、

柚月先生:多くの方に立ち止っていただきとても嬉しいです。紀伊國屋書店 新宿本店も 『孤狼の血』⼀⾊となっています。ぜひお楽しみください。

と⼀言。 続いては役所広司さんのご挨拶、

役所さん:原作を見て映画を見てもよし、映画を見て原作を見てもよし。映画は5月12 日公開ですのでぜひよろしくお願いします。

との挨拶で、会場は⼀気に大盛り上がりになりました。 新宿の熱気がさらに高まる中、いよいよ特別展の開催を記念してのテープカットが執り行われました。テープカットには紀伊國屋書店新宿本店店長の西根店長も⼀緒に参列し、3人でのテープカット。

MCの合図でテープが切れた瞬間、大きな歓声と拍手に包まれました。

映画情報どっとこむ ralph トークイベントは1部と2部の2部構成。

1部ではまずMCの赤ペン瀧川先生、解説に秋本鉄次さんが登場、冒頭に

秋本さん:本日は5月5日は子供日ですが、今日この会場だけは孤狼の日として制定したいと思います!

と会場を沸かせ、赤ペン瀧川先生によるトークイベントの説明や秋本鉄次さんの角川文庫の歴史についての解説で会場は大いに盛り上がりを見せました。そしていよいよ柚月裕子先生が登場。

MCの赤ペン瀧川先生から役所広司さんが演じた「大上章吾」について聞かれると

柚月先生:映画 で役所広司さんが演じられると聞いた時、私が書いた以上の恐い大上になるなと思いました。

と当時を振り返りました。その後 柚月裕子先生は⼀旦退場し、赤ペン瀧川先生の映画『孤狼の血』予告と生「赤ペン瀧川の映画添削」が行われ、赤ペン瀧川先生が実は署長役として映画『孤狼の血』に出演してることが発覚!意外性からか会場から笑いと拍手が巻き起こりました。

その後赤ペン瀧川先生の紹介と共に白石和彌監督と柚月裕子先生が登場。
まず監督へ「原作/ミステリー→映画/アウトローへとなぜ変わったのか?」 との質問に

白石監督:映画化では2時間にま とめなきゃならないという中で、気がつくと、、、血みどろになっていました。』とコメントし笑いを誘いました。また今作で バディを組んだ役所広司さん、松坂桃李さんについて聞かれると『桃李くんに関しては映画の中⼼であり、桃李くんの真っ直ぐさが日岡とリンクして頼もしかった。

また役所広司さんについては

白石監督:僕はまだ若手監督だと自分は思っているのですが、憧れ の役所さんに出てもらえて嬉しかったですし、大上を演じて恐さだけでなく、可愛さも加えてもらいました・

と絶賛。

その後、赤ペン瀧川先生の「赤ペン瀧川の映画添削」でもあった映画『孤狼の血』に署長役出演時のメイキング映像が上映され。それに対して白石和彌監督は『このコーナーいります?』柚月裕子先生は『凛々しくて素敵でした。』とコメント、会場は 和気藹々という雰囲気に包まれました。

1部が和気藹々とした雰囲気の中、MC赤ペン瀧川先生より先日、発売された『孤狼の血』の続編となる「凶犬の眼」について の質問があり、柚月裕子先生よりどういった内容なのか、どういったところ見て欲しいのか語られました。  

それを聞いて赤ペン瀧川先生は白石和彌監督に映画化となった折には…と質問

白石監督:『孤狼の血』がヒットしたら是非撮りたい!続編がすでに⽤意されているなんてこんな幸せなことはないです。

と意欲を見てせていました。次回作への期待が高まる中、1部は大盛況のうちに幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 2部では、役所広司さん、白石和彌監督、柚月裕子先生が登場。
役所広司さんは登場のご挨拶で

役所さん:このイベントをきっかけにこの映画が大ヒットするように宣伝してください。

と笑いを 誘っていました。主人公「大上章吾」について」演じてみて共通点などありましたかと聞かれると

役所さん:共通点は全く無いのですが、大上は天使だと思って演じていました。ただ汚い天使ですけど。

と今回演じられた「大上章吾」について笑いを交えながらコメント。

共演者の松坂桃李さんについて共演した印象を聞かれると

役所さん:成長する日岡をしっかりと演じきっていましたね。

と感慨深くコメント。また松坂桃李さんとのシーンで大変だったシーンは?と聞かれると

役所さん:台詞が多いシーンがあったんですけど、現場で いきなりこのシーンワンカット撮るからと監督と言われた時は驚きました。

と撮影当時を振り返りました。そのシーンに対して

白石監督:撮影が後半で広島に行きつけの店ができていたので、早く行きたくて

と会場を沸かせ

白石監督:大上と日岡ニ人にとって、とても大切なシーンで自分が編集するときに切れないように、自分を追い込む意味でもワ ンカットで撮らせていただきました。

と熱くコメント。撮影中の苦労話を聞かれると、

役所さん:呉弁で話すのが⼀番大変でした。呉の方が聞いた時に不 快に思わないように自然に聞いてもらえうようにとしっかり練習しました。

と撮影当時と振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

白石監督:目を覆うようなシーンもありますが多くの方に楽しめるようなエンターテイメント となっておりますので是非劇場にお越しいただければと。  

役所さん:日本映画が変わって活気づくきっかけになるような映画となっておりますので、是非劇場でご覧いただけれ ばと思います。

とメッセージ。

フォトセション後大きな握手の中、大盛況のうちに幕を閉じました。

映画『孤狼の血

5月12日(⼟)公開。

特別展は紀伊國屋書店新宿本店(東京都新宿区新宿3丁目17­7)にて開催中。

公式HP:
www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介
原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)

監督:白石和彌

脚本:池上純哉音楽:安川午朗

撮影:灰原隆裕照明:川井稔録音:浦田和治
美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
   

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ