菅田将暉と土屋太鳳が吉本新喜劇にサプライズ登場!見事なズッコケっぷり披露!「となりの怪物くん」公開記念


映画情報どっとこむ ralph 「となりの怪物くん」待望の映画化!!

主演の一人・吉田春を演じるのは、菅田将暉。
また、同じく主演のヒロイン・水谷雫を演じるのは、土屋太鳳。
その他、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳ら、若手実力派俳優が集結。瑞々しいキャストの競演がスクリーンを彩ります。監督を務めるのは、“新たなラブストーリーの名手“との呼び声も高い気鋭の月川翔。青春恋愛映画の新たな金字塔を打ち立てる『となりの怪物くん』が、4月27日(金)に公開初日を迎え絶賛公開中!

そして、その公開を記念し5月2日(水)。
菅田将暉と土屋太鳳が吉本新喜劇に本人役でサプライズ登壇しました!

日付:5月2日(水)
場所:なんばグランド花月
登壇:
菅田将暉、土屋太鳳
吉本新喜劇の皆さん
内場勝則座長、山田花子、烏川耕一、安尾信乃助

映画情報どっとこむ ralph 『となりの怪物くん』という本作のタイトルにちなみ、公開前のイベントでは“怪物級”の特技や能力を持つ一般の方々と“怪物”の名をかけ、負けられない戦いに挑んだ二人。

公開後の今回は“大阪の怪物”に会いに行こうということで、「お笑いの怪物」=大阪を代表する“笑いの殿堂”・なんばグランド花月の舞台に参戦!と言うことで

まずは、内場勝則座長と山田花子さん、烏川耕一さん、安尾信乃助さんと挨拶を交わしました。
もちろん二人とも、吉本新喜劇の舞台は初登壇。また大阪出身で幼いころから新喜劇の大ファン、家族で実際に見に来たこともあるという菅田さんに対して、土屋さんは母親が新喜劇の大ファンだが、自身は生で見るのも初めて。

そんな二人が緊張のあまり硬い表情で立っていると、

内場座長:気楽に、リラックスして!

とアドバイスし、そのまま自然な流れで他の新喜劇メンバーも合流し、本読みが開始されました。

二人も再び真剣な表情を見せながら、本読みで自分のセリフを確認。

すると突然!菅田さんから、映画『となりの怪物くん』の劇中シーンを再現する場面で、山田花子さんに向かって菅田さんがいう「俺、雫のこと好きかも。」と言うセリフを、山田さんに合わせて「花子のこと好きかも」のほうが良いのではないかと提案。

新喜劇メンバーと相談し、菅田の提案通りセリフを変更することになりました。その後も、実際の段取り確認では、立ち位置含めわからないことは聞きながら、細部までしっかりと確認していました。

映画情報どっとこむ ralph そして、すべての準備を終え、いよいよ本番。

会場は満員御礼、立ち見も出ていたため約900名のお客様が!そんなお客様の前に、おなじみの吉本新喜劇のメンバーが登場すると客席からは大歓声が沸き起こり、キャンプ場を舞台に物語がスタートするとあっという間に大爆笑の渦に!そのキャンプ場に、内場勝則座長の一家がみんなで遊びに来るものの、一家の娘・息子はこんなところに来たくはなかったと大騒ぎ。そんな中、キャンプ場の主人の母が、怪物級にびっくりする二人に偶然出会ったから連れてきたということで紹介されるのが、菅田将暉さんと土屋太鳳さん!
二人が登場することはサプライズだったため、主題歌「アイラブユー」をバックに二人が突然登場すると、まさかの出来事に会場には

「えーー!!本物!?」

と驚きの声が響き渡ります!しかし徐々に驚きから、割れんばかりの歓声に変わり、二人が挨拶しようとしても歓声がおさまることなく…あまりの歓声に、新喜劇メンバーが「落ち着いて!」と呼びかけるほど。

そして挨拶のために菅田が手を挙げると、“真似るネタ”かと勘違いしたのか客席中の人が万歳のポーズに(笑)そんなあたたかい空気の中、舞台は進行していきました。

菅田さん:花子のこと好きかも、近くで見たらバカボン・・

烏川耕一さんの口がヒョットコのように見えるのでイジり倒すという定番のくだりに挑戦した二人。ヒョットコにかけ、

菅田さん:ヒョット来い!

と言うと、

烏川さん:ちょっと来いやろ!

から素早く突っ込みが入るなど、テンポよく“ヒョットコ”の言葉遊びでボケ倒し、
「ええ!」とオーバーすぎるほどに驚くというくだりでは、二人とも顎が外れ、目が飛び出るのではないかと思うほどの表情で驚き、会場は大爆笑。

さらに、菅田の提案でセリフが変更になった本作のシーンを再現する場面も、大成功!さらに、新喜劇と言えば…【ズッコケ】ということで、二人も新喜劇メンバーに引けを取らないズッコケっぷりを披露!
二人から作品の紹介し、最後には、何か言おうとして何も言わずに去る…というこちらも定番のネタを披露し出番は終了。“わらいの怪物”といえる内場座長率いる吉本新喜劇メンバーとの競演は、終始、客席が大爆笑&大歓声となりました。

映画情報どっとこむ ralph 終了後、菅田と土屋はこの日の感想をそれぞれ答えました。

菅田将暉さんからのコメント
とても緊張しましたが、本当に楽しかったです!挨拶しようと手をあげたら、皆さんも何故か手をあげて!そういうことじゃない!って思いながら…(笑)本当にそのくらいノリが良くて優しいお客さんばかりでした。そして実際に舞台に立って気付いたことは、新喜劇メンバーの皆さん本当に声が通るんです!合わせようとして頑張ったので、終わったら声が枯れていました(笑)


土屋太鳳さんからのコメント
新喜劇の舞台に立つことができて、嬉しかったです。定番のくだりに参加させていただくのはとても緊張したのですが、本当にお客さんの反応が優しくてフォローしていただけて、感激しました。楽しい時間はあっという間で、もっともっとあの場所に居たかったです。菅田さんが最初大きな声ではじめてくださったので、私も大きな声を出すことができました!(笑)

映画情報どっとこむ ralph となりの怪物くん

4月27日(金)より全国東宝系にて大ヒット上映中!

映画公式サイト:
http://tona-kai.jp

映画公式Twitter:
@MovieTonakai

物語・・・
行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。

それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。

そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

***********************************

キャスト:
菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち

原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)
監督:月川 翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき
主題歌:西野カナ「アイラブユー」(SMEレコーズ)
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社

企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ