『ボストン ストロング』ジェイク・ギレンホールのインタビューと見どころを集めたダイジェスト映像解禁


映画情報どっとこむ ralph ボストンマラソン爆弾テロ事件で“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の真実の物語を描いたジェイク・ギレンホール主演・プロデュース作『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』が5月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなります。

この度、ジェイク・ギレンホールのインタビューと共に、映画の見どころを集めたダイジェスト映像を解禁。


本作は2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を映画化。テロに巻き込まれ、両足を失ったボーマンは「ボストンストロング」というテーマの元、ボストン復興の象徴として脚光を浴びるも、ボーマンの前には様々な困難が・・・・。

耐えられない傷とプレッシャーを背負いながら、恋人や家族などの愛する人々に支えられ、困難を乗り越え、再び立ち上がる“フツウの男”の感動の実話。

自らの証言でテロの犯人が特定されたことで一躍時の人となり、ヒーローに祭り上げられる反面、傷の痛みや周囲の過剰な期待、爆発テロ事件当日のトラウマに、一人もがき苦しみ、生きる意味を次第に見失っていく姿や、その苦しみを唯一理解し支えてくれていた恋人エリンにさえ、きつく当たり散らす姿など、主人公の影の部分が浮き彫りになっていく様は、決してメディアには取り上げられないリアルを追求した本作ならではの大きな見どころだろう。だからこそ、多くの傷ついた人たちに勇気を与えていたのは自分だったことを聞かされた時、どれ程多くの人に自分が支えられているか気づいた時、普通の男が生きる意味を、本当の強さを、勇気の正体を見つけ、真のヒーローへと変身していく姿に心打たれる。

ジェイク・ギレンホール:これはテロの映画じゃない。もっと大切なことを伝えているんだ」という言葉は、本作を観たあとに確実に心に響いてくるはずだ。


映画情報どっとこむ ralph なお5月2日(火)23:00からは映画公開記念でジェイク・ギレンホール主演作「ナイトクローラー」の同時視聴WEBイベント「THE共感シアター!ジェイク・ギレンホールナイト」が開催!

ナビゲーション画面では本作の特別映像を一部解禁予定!
参加者には豪華プレゼントも!【共感シアターナビ画面】

URL:
https://bals.space/bostonstrong/index.php

映画情報どっとこむ ralph 映画『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

公式サイト:
bostonstrong.jp

twitter:
@bostonstrongjp

物語・・・
ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付けるが、ゴール地点付近で爆弾テロが発生。

巻き込まれたボーマンは爆発で両足を失ってしまう。意識を取り戻したボーマンは爆弾テロリストを特定するために警察に協力。

ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ始まったばかりだった。

***********************************

出演:ジェイク・ギレンホール(『ノクターナル・アニマルズ』、『ナイトクローラー』など)、タチアナ・マスラニー(『黄金のアデーレ 名画の帰還』など)、ミランダ・リチャードソン( 『めぐりあう時間たち』、『ダメージ』など)、クランシー・ブラウン(『ショーシャークの空に』など)

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン(『セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅』『スモーキング・ハイ』など)
脚本:ジョン・ポローノ
原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著
配給:ポニーキャニオン
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ  
映倫区分:PG-12 
© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork
© 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ