映画情報どっとこむ ralph リチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』が、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります。

そして、この度、本作品のポスター画像と予告編映像を解禁。

ポスターは、3人が演じるキャラクターと関係性を彷彿とさせる楽しげなワンシーンを印象的に使った写真に「涙をみせられる、友はいますか?」というコピーが入り、温かな雰囲気を感じさせつつも感動を期待させる出来映えになっています。

映画情報どっとこむ ralph 予告編は、妻に続いて息子を亡くした傷心のドクが30年ぶりに友人を訪ねるところから物語は始まり、最初は戸惑いながらも徐々に心を通わせ合うかつての友たちとの姿が映し出されます。息子の遺体を運ぶ悲しい旅ではあるものの、強い絆で結ばれた3人が織りなす男たちの他愛の無い掛け合いやユーモアが予告編からも溢れ出し、心温まるシーンが散りばめられています。アムトラックによるアメリカ東海岸の風景が映画にピッタリと馴染み、音楽はMondo Cozmoの「Shine」とニール・ヤングの「Old Man」がしっとりと流れ、田口トモロヲさんによるナレーションが優しさを醸し出します。ぜひ、この珠玉の予告編をご紹介頂けますよう、何卒よろしくお願い致します。

映画情報どっとこむ ralph 30年後の同窓会
原題:Last Flag Flying

物語・・・

男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー。

(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート

/2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル
字幕翻訳:稲田嵯裕里 
主題歌翻訳:多摩ディラン  
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ