「日本を代表する名優」のイメージが覆される!?山﨑努が微笑ましい『モリのいる場所』メイキング映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する名優・山﨑努と樹木希林が初めて共演し、モリこと画家・熊谷守一の生き方を描いた映画『モリのいる場所』。

本日は、「日本を代表する名優」というイメージを覆す(!?)“微笑ましい老画家・熊谷守一のシーンと画像”を一挙公開に。

これまでめったに世に出なかった貴重なには、撮影にあたって沖田監督と真剣にやりとりする様子や、猛暑の中で集中する姿など、名優としての迫力に満ちています。しかし、いざ本番となると・・・すっかり“モリ”として庭に同化している、「ウォーリーを探せ」状態。本編では、トレードマークの帽子にあごヒゲ姿で、若い女性から「かわいい」と感想が続出しているお茶目な姿を、たっぷりとお楽しみいただけます。



映画情報どっとこむ ralph 今回その笑えるシーンの特別映像とともに画像も到着したのは!

・「蟻は左の二本目の足から歩き始める」と言ったモリの言葉が有名ですが、その蟻をカメラマンと見ているカット
・晩年の30年間ほとんど家から出なかったと聞く守一が、外に出ようかドキドキして門に立っているモリ
・庭に置かれた腰掛で、冒険の途中休んで草木と一体化しちゃってるモリ
映画情報どっとこむ ralph ストーリー

昭和49年の東京。
30年間自宅のちいさな庭を探検し、生きものたちを飽きもせずに観察し、時に絵に描く画家モリ(94歳)と、その妻秀子(76歳)。
時を経て味わいを増した生活道具に囲まれて暮らすふたりの日課は、ルール無視の碁。暮らし上手な夫婦の毎日は、呼んでもいないのになぜか人がひっきりなしにやってきて大忙し。そんな二人の生活にマンション建設の危機が忍び寄る。陽がささなくなれば生き物たちは行き場を失う。慈しんできた大切な庭を守るため、モリと秀子が選択したこととは。

画商や近所の人でにぎわう茶の間、大勢でたべる夕ご飯。ちゃぶ台、縁側、黒電話。人と人との距離が今よりも近く感じられる昭和の暮らしと、50年以上をともに過ごしてきた老夫婦の絆、心豊かに充足した人生のある夏の1日を描く。

映画「モリのいる場所

5月19日(土)シネスイッチ銀座、ユーロスペース、シネ・リーブル池袋、イオンシネマ他全国ロードショー

公式HP:
mori-movie.com

公式twitter:
@mori_movie   

***********************************


監督 /脚本:沖田修一 
出演:山﨑努、樹木希林、加瀬亮、吉村界人、光石研、青木崇高、吹越満、池谷のぶえ、きたろう、林与一、三上博史 

2018年/日本/99分/ビスタサイズ/5.1ch/カラー
配給:日活
制作:日活、ダブ
(c)2017「モリのいる場所」製作委員会

◎書籍
ノベライズ「モリのいる場所」小林雄次 著(朝日新聞出版)発売中
「モリカズさんと私」藤森武/山﨑努/沖田修一/田村祥蔵(文藝春秋)発売中
「コロナ・ブックス「熊谷守一」」(平凡社)発売予定

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ