『リズと青い鳥』山田尚子監督、武田綾乃(原作者)トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 映画『聲の形』で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション賞、東京アニメアワードフェスティバル2017アニメオブザイヤー作品賞劇場映画部門グランプリなどを受賞した京都アニメーション制作の最新作『リズと青い鳥』が4月21日より全国公開となります。

本作は、高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化。吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれ(よろいづかみぞれ)と、フルートを担当する傘木希美(かさきのぞみ)の2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取った青春ストーリーです。

4月4日(水)に舞台挨拶付き完成披露上映会を実施し、多くのファンに向けてお披露目された本作ですが、この度、4月11日(水)に、山田尚子監督と原作者の武田綾乃先生が登壇してトークイベント付き特別試写会が行われ、アニメ監督と小説家、ふたりの女性クリエイターが、本作で描かれるような女子の心の機微について、ガールズトークを繰り広げました!

日程:4月11日(水)
場所:スペースFS汐留
登壇:山田尚子監督、武田綾乃(原作者)

映画情報どっとこむ ralph Q:原作小説からみぞれと希美に焦点をあてることにしたきっかけは?

山田監督:武田先生が書かれた新作のプロットを読ませて頂いた時に、「響け!ユーフォニアム」本編の主人公のお話と並行して、みぞれと希美のふたりの話もあって、それを見た時に女の子の秘密を覗き見したような気分になりました。
なかなか口には出すことの無さそうな羨ましい思い、好きな思い、嫉妬などの感情を包み隠さず、綺麗事にせずにぶつけて書いてらっしゃるのに興味を持ち、こういった切り口で描くことは無いのではと思い、このふたりに焦点を当てた物語を作りたいと思いました。


Q:本作で描かれる「好き」という感情の形の違いの描写について

武田先生:みぞれと希美の関係性に向き合おうと物語を見返した時、お互いに対する「好き」の感情の中に内包されているものが別々であることに気が付きました。「好き」という言葉ひとつで作っているふたりの感情ですが、見た目は似ていても中身は別物で、ふたりのの感情の差を伝えられたらなと思いました。


Q:なぜ少女にフューチャーしたのでしょうか?

山田監督:思春期独特の悩みや、こうありたいという願いや想いをとても美しく感じ、少女が綺麗だと思ったからです。
学生の方々にどう思っていただけるのか楽しみですし、一応物語の舞台は共学のお話なのですが、女子校っぽく見えたら最高だなと思います。

武田先生:普段から文章を書く時にも、美しいと思うものを書きたいという欲求があって、過ぎ去るすべてのものが美しいはずが、実際にその中にいるとその美しさが見えなくなってしまいます。その見えなくなっている美しさを物語の中に詰め込みたいと思っていたのですが、私が書きたかったものや再現したかったものを、緻密に再現してくださって感動しました。


Q:みぞれ視点と希美視点で観ることで見えてくる違いについて

山田監督:この作品を見た人が、みぞれと希美の関係性を通じて、自分自身は友達に対してどうしているのか、大切な友達と信頼関係が取れているか、ということをどう考えるのかがとても気になります。誰の心にもあるものを描いていて、綺麗なだけじゃないふたりの関係性を、自分はどちらなのかを気にしながら観て頂きたいです。


Q:映像と音でこだわったところについて

山田監督:女の子同士の秘密を、大々的に胸を張って言えないような内に秘めた思いを、隠し撮りした映画です。
カメラを持って近づくと彼女たちは逃げてしまいそうなので、遠くからそっと見ているような、ガラス越しに見ているような感覚の作品です。ふたりの世界を作る音も、実際にある学校から音をサンプリングして作っていて、ふたりを邪魔しないように周りの空気になりきって5.1chサウンドでふたりの音を体験してほしいと思います。


Q:ふたりの感情を表すのにふさわしい言葉とは!?

山田監督:自分の絵コンテを描き終えてふと思ったのが、この描いている感情にうまい名前がつけられないということでした。この映画を観て頂いたみなさんに、良い言葉があれば教えてほしいなと思います。

武田先生:私がこの作品を拝見して感じた印象は「割れる直前のシャボン玉を写真で撮ったような感じ」でした。刹那の瞬間が永遠になるというか、ふたりの高校生活の、一定方向に流れる時間から零れ落ちる刹那のかけらを、綺麗に撮って大事にしたいと思っている写真のような感覚でした。


Q:夢を追う人々へのアドバイス

山田監督:私は、自分は夢が叶っていると思います。映画が好きで、映像を作りたくて、アニメーションの技術に感動して、今こうしてアニメの監督をさせて頂いています。そんななかで思うのが「なんとなくこうじゃ無いとダメだ」と決めてしまうのは勿体ないと思います。自分が何かを生み出した時点で、作品はもう出来上がっていて、明るい作品でも暗い作品でも表現したいという思いがポジティブなら作品になるんです。やりたいことは諦めることなく、掴みにいってほしいと思います。

武田先生:まだまだ駆け出しの新人作家ですが、私の最初の創作の意欲の原点は「友人が自分の本を読んでくれたこと」で、誰かが読んでくれて「いいね!」と言ってくれて、自分の努力を認めてくれた瞬間に何か感情が生まれて、その時の感情や衝動を大事にしていくことが何よりも大事なのではないかなと思います。


Q:締めの一言挨拶

武田先生:本日はありがとうございます。この『リズと青い鳥』という作品は、私の原作小説「響け!ユーフォニアム」シリーズの中から、美しいエッセンスを抽出して独立させた作品です。この映画を観た後の余韻を誰かと共有したいと思って頂ける映画になっています。本作を観て「良いな、素晴らしいな」と思って頂けたら、ぜひ映画館に友人やご家族と足を運んで空気感を分け合って頂きたいと思います。

山田監督:女の子たちの成長痛というか思春期の心のブレや、表に出せない思いをフォーカスしてる作品です。みなさんの心にもあるものじゃないかなと思うので、ぜひ楽しんで頂ければ嬉しいです。本日はどうもありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph リズと青い鳥』 

4月21日 ROADSHOW  


公式サイト:
http://liz-bluebird.com/ 
公式Twitter:
@liz_bluebird

あらすじ・・・
あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。
だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。
北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。
高校三年生、二人の最後のコンクール。
その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。
「なんだかこの曲、わたしたちみたい」
屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが
近づくことを恐れるみぞれ。
「親友」のはずの二人。
しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

***********************************


【キャスト】
鎧塚みぞれ:種﨑敦美
傘木希美:東山奈央
リズ・少女:本田望結
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
剣崎梨々花:杉浦しおり
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
新山聡美:桑島法子
橋本真博:中村悠一
滝 昇:櫻井孝宏


【スタッフ】
原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子 / キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄 / 色彩設計:石田奈央美
楽器設定:髙橋博行 / 撮影監督:髙尾一也
3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学 / 吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ