メキシコの新鋭ミシェル・フランコ監督が母と娘の確執を描く衝撃作のミステリー『母という名の女』


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭、ある視点部門審査員賞を受賞、『父の秘密』(12)、『或る終焉』(15)のメキシコの新鋭ミシェル・フランコの最新作『April’s Daughter』(英題)の邦題が『母という名の女』として、6月よりユーロスペースほか全国順次ロードショーが決定しました。

ミシェル・フランコ監督&エマ


お母さん、あなたはいったい誰ですか?
メキシコのリゾートエリア、バジャルタの海辺に建つ瀟洒な別荘。そこに二人きりで住む姉妹のもとに、長い間疎遠になっていた美しき母アブリルが戻ってくる。17歳の妹ヴァレリアは同じ年の少年との間に子供を身ごもっており、突然舞い戻ったアブリルは献身的に娘の面倒をみるのだが、ヴァレリアの出産をきっかけに、自身の陰のある深い欲望を忠実に遂行していく・・・。母にいったい何が起きたのか?彼女はいったい誰なのか――?

闇を覗き込んだ母娘の緊張感あふれる関係にメスを入れ、母、あるいは家族という幻想を吹き飛ばす、『父の秘密』『或る終焉』のミシェル・フランコ監督、衝撃の最新作。

映画情報どっとこむ ralph 主演は『ジュリエッタ』(16)のエマ・スアレス。
撮影は『ホーリー・モーターズ』のイヴ・カープ。ギレルモ・デル・トロやアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥを生んだメキシコから、また新たな傑作が誕生しました。

母という名の女

原題:Las Hijas de Abril
英題:April’s Daughter

物語・・・
海沿いの家に二人で暮らす姉妹。17歳の妹・ヴァレリアは妊娠しており、姉・クララは離れて暮らしている母親・アブリルを電話で呼び寄せる。お腹の中の子供の父親は、クララが経営する印刷所でアルバイトしていた17歳の少年・マテオ。姉妹の元に訪ねてきたアブリルは、クララやマテオと会話を重ね、ヴァレリアの不安を和らげるように接し、母親に不信感を抱いていたヴァレリアも徐々に母を信用し、そして無事に女の子が生まれ、カレンと名付けられる。ヴァレリアの代わりにカレンの世話をしているうちに独占欲がアブリルの中に芽生える。カレンを自分の管理下に置こうとするアブリルに反発しはじめるヴァレリア。娘との関係が悪化していく中、ついにアブリルは深い欲望を忠実に遂行していく

***********************************

監督・脚本・製作:ミシェル・フランコ (『父の秘密』(12)、『或る終焉』(15))
撮影:イヴ・カープ(『ホーリー・モーターズ』(12)、『或る終焉』(15))

出演:エマ・スアレス(『ジュリエッタ』(16))、アナ・ヴァレリア・ベセリル、エンリケ・アリソン ホアナ・ラレキ エルナン・メンドーサ

2017年/メキシコ/スペイン語/カラー/ビスタサイズ/103分/PG12
©Lucía Films S. de R.L de C.V. 2017
後援:メキシコ大使館
配給:彩プロ

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ