リン・ラムジー監督来日決定! 『ビューティフル・デイ』トーク付きジャパンプレミア開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 1999 年に『ボクと空と麦畑』で鮮烈なデ ビューを飾り、恋人の死に接した若き女性の彷徨を描いた青春映画『モーヴァン』、美しき母子の歪んだ関係性に迫った 心理サスペンス『少年は残酷な弓を射る』でセンセーションを巻き起こしてきたリン・ラムジー監督。
アカデミー賞に 3 度ノミネートされた確かな演技力の持ち主であり、ポール・トーマス・アンダーソン、スパイク・ジョーンズ、 ウディ・アレンらとのタッグで類い希な個性を発揮してきたホアキン・フェニックス。

この米英の傑出した才能のコラボレーションが実現した映画『ビューティフル・デイ』が 6 月 1 日(金)より公開となります。 この度、第 70 回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したリン・ラムジー監督の来日が決定!

4月17日(火)に新宿バルト 9 でトーク付きジャパンプレミアを開催することが決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 世界が注目するリン・ラムジー監督のトークが聞ける貴重なチャンスです。

チケットはぴあ

プレリザーブで
4月7日(土)11:00~4月11日(水)11:00
一般は
4月12日(木)10:00~4月16日(月)18:00 に発売されます。
P コード 558-429
http://w.pia.jp/t/beautifulday/

映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本・製作:リン・ラムジー プロファイル

1969 年 12 月 5 日、スコットランド・グラスゴー出身。(48 歳)
イギリス国立映画テレビ学校の卒業制作として制作した短編『Small Deathes』(未)で、96 年度 カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。監督第 2 作目の短編『Kill the Day』(96/未)はクレルモン・ フェラン国際短編映画祭で審査員賞を受賞。第 3 作目の『Gasman』(98/未)で再びカンヌ国際 映画祭審査員賞を受賞、加えて英国スコットランドアカデミー賞の最優秀短編賞に輝いた。 長編映画デビューとなった『ボクと空と麦畑』(99)はカンヌ国際映画祭ある視点部門で上映さ れ、エディンバラ国際映画祭ではオープニングを飾り、ガーディアン新人監督賞を受賞。批評 家を中心に絶賛され、数多くの賞を獲得し華々しい監督デビューを飾った。

長編 2作目の『モー ヴァン』(02)では、02 年度カンヌ国際映画祭の CICAE 賞とユース賞を獲得。美しき母子の歪ん だ関係性をサスペンスフルに描いた長編第 3 作目『少年は残酷な弓を射る』(12)でもロンドン映 画祭作品賞受賞を始め、主演を務めたティルダ・スウィントンのヨーロッパ映画賞とナショナル・ ボード・オブ・レビュー賞での主演女優賞受賞、さらには英国アカデミー賞での各賞ノミネートなど各映画賞を席巻した。本 作は『少年は残酷な弓を射る』以来 6 年ぶりの新作となる。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ビューティフル・デイ』

STORY
孤独な男と全てを失った少女。その日、壊れた2つの心が動きだす― 元軍人のジョーは行方不明の捜索を請け負うスペシャリスト。
ある時、彼の元に舞い込んできた依頼はいつもと何かが違っていた。依頼主は 州上院議員。愛用のハンマーを使い、ある組織に囚われた議員の娘・ニーナを救い出すが、彼女はあらゆる感情が欠落しているかのように 無反応なままだ。
そして二人はニュースで、依頼主である父親が飛び降り自殺したことを知る―

***********************************

出演:ホアキン・フェニックス(『her/世界でひとつの彼女』)ジュディス・ロバーツ、エカテリーナ・サムソノフ

監督・脚本:リン・ラムジー(『少年は残酷な弓を射る』『モーヴァン』)

音楽:ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)

原作:ジョナサン・エイムズ「You Were Never Really Here」

2017 年/イギリス/英語/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/90 分
【PG-12】

提供:クロックワークス、アスミック・エース
配給:クロックワークス
© Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.
© Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ