映画『ホース・ソルジャー』クリス・ヘムズワース、妻と夫婦役で共演!


映画情報どっとこむ ralph 9.11直後、敵勢5万人に対し、たった12人で戦いに挑んだグリーンベレー米軍騎馬隊。
最高機密として封印された戦いの全貌が、遂に明かされる!


お世話になっております。全世界を震撼させたアメリカ同時多発テロから17年、最高機密として封印されてきた〈9.11直後の最初の戦い〉の全貌を映画化した、ギャガ配給作品『ホース・ソルジャー』が5月4日(金・祝)全国公開いたします。本作では、主演のクリス・ヘムズワースが、妻であるエルサ・パタキーと夫婦役で初共演!この度、クリス・ヘムズワースのコメントとともに、2ショット写真を解禁いたします。
ハリウッド随一のヒットメーカーであるジェリー・ブラッカイマーが、デンマークのCM界の鬼才でコソボ紛争を追った報道写真家でもあるニコライ・フルシーを監督に抜擢し製作。本作は9.11直後の最初の反撃であり、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願した12人のアメリカ陸軍特殊部隊員(グリーンベレー)の勇姿を描く衝撃の実話。彼らのミッションは、反タリバンの地元勢力と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧すること。最新兵器を擁する敵勢5万人に対し、ミッション遂行に与えられた期間は僅か3週間。さらに戦地は険しい山岳地帯の為、彼らは“馬”を使い移動し、馬に乗って戦う必要に迫られる。

部隊を率いるミッチ・ネルソン大尉を演じるのは『アベンジャーズ』シリーズのクリス・ヘムズワース。一人も死なせはしないと部下に誓い、必ず帰ると家族に約束する、誰もが理想とするリーダーを力強く演じる。ネルソン大尉の妻を演じたのは、『ワイルド・スピード』シリーズでヴィン・ディーゼル演じるドミニクと恋仲になるエレナ役で一躍名を轟かせた、エルサ・パタキー。実はこの二人、実際の夫婦なのである!ヘムズワースの出演が決まっていたところに、『ワイルド・スピード』シリーズを観ていたブラッカイマーが出演を依頼。「彼女は美しい人で、演技もうまい。彼女に出てもらえてラッキーだ」とブラッカイマーは語る。パタキーは、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でのキスシーンでナタリー・ポートマンの代役を務めたことがあるが、出演者としての共演は今回が初!ヘムズワースは共演したことについて「楽だったよ(笑)。このシーンのために、僕らは7年もリハーサルしてきたようなものだ(笑)」とジョークを飛ばし、「妻との共演は楽しかった」と語っている。

2010年に結婚し、3人の子供を持つ二人は、子供たちを祖父母に預け、本作の撮影現場に入った。二人とも仕事に育児に忙しい日々を過ごしていたこともあり、「僕らだけでアルバカーキー(の撮影現場)に行くというのは、素敵な休暇旅行みたいな感じだった」とヘムズワースは撮影当時を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ホース・ソルジャー

5月4日(金・祝)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

gaga.ne.jp/horsesoldiers

武器は魂と馬。
2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器は、ほとんどの隊員が1度も乗ったことのない“馬”だと言い渡される──。
***********************************

監督:ニコライ・フルシー
製作:ジェリー・ブラッカイマーほか
脚本:テッド・タリー、ピーター・クレイグ
原作:ダグ・スタントン「ホース・ソルジャー」(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出演:クリス・ヘムズワース、マイケル・シャノン、マイケル・ペーニャ、トレバンテ・ローズ
原題:12 Strong/2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/130分/字幕翻訳:風間綾平
提供:ギャガ、ポニーキャニオン 配給:ギャガ
© 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ