『ネオ・ウルトラQ』試写してきた!



1966年に放送された平均視聴率32.39%の伝説のテレビドラマ

『ウルトラQ』

ウルトラマンが出てこない「トワイライトゾーン」「世にも不思議な。。。」系の特撮ものです。

そして2013年、世界がなお抱える闇に迫るべく、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が気鋭のクリエイターたちにより制作され、1月よりWOWOWで放映されました。そして今回、巨大スクリーンにて観たいという視聴者からの熱い要望により、待望の劇場公開が決定。

2013年11月9日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国のTOHOシネマズ系列にて公開されます。
ネオ・ウルトラQ
多分再放送のオリジナル版をね。子供のころちょっと怖いなって観てました!

ゴメスを倒せ!というわけで、懐かしさもあって一足早く。試写してきました!
今回観たのは11月9日からの特別上映part.1です。

で、オリジナル版の1本「ゴメスを倒せ!」はデジタルリマスターされた映像。

めちゃ綺麗です。凄いですね。

鉄の貝そして、セカンドシーズンの3本「思い出は惑星(ほし)を越えて」「東京プロトコル」「鉄の貝」はどれも、新しく作られたものですがテイストは昔のQの感じを踏襲しています。

往年のファンをがっかりさせない作り。30分の尺の中で現実社会の闇を描き、観た者に考えさせる構成は流石です。

僕的には、若い層にも刺さるようにもっと画作り・舞台は現代風にして欲しかったですけどね。そういう面で「思い出は・・・」の疾走感好きですね。

Mr.Tが試写してきた『ネオ・ウルトラQ』の内容はこんな感じ

TV放映されたさまざまな怪獣・宇宙人が登場する全12話のオムニバス・ストーリーの内3話ずつに加え、今回新たに制作された、独特の世界観で本編を振り返るショートアニメ『屋島教授の部屋』を各話の間に上映。そしてモノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選りすぐりの一話を加えた計4話構成。

作品名にちなみ、11月9日から4ヶ月間、毎月9の日を「Qの日」とし、毎回レイトショー1回のイベント上映。

メイン館であるTOHOシネマズ日劇では、毎回初日にゲストを招いてトークショーを開催、1週間レイトショー上映を致します。料金は1,500円均一です。

かつて地球上ではさまざまなミステリーが起きていた。

『ウルトラQ』から47年、再び怪異現象が地球を襲う…。
不可解な出来事に引き寄せられるのは、心理カウンセラーの南風原仁(はいばら・じん=田辺誠一)、トラベルカルチャー誌のライター渡良瀬絵美子(わたらせ・えみこ=高梨臨)、バー「トビラ」のマスター白山正平(しろやま・しょうへい=尾上寛之)という、境遇も考え方もまったく異なる3人。南風原の恩師・屋島教授に助けられながら、3人は人知を超えた“力”に向き合っていく。最新鋭4Kカメラを導入しこの意欲的な作品に取り組むのは、石井岳龍監督、中井庸友監督、入江悠監督、田口清隆監督ら4人のクリエイターたち。新たなキャスト、スタッフで一新しながらも、魂の部分で原点を継承する『ネオ・ウルトラQ』。異次元への扉が、いま開く……。

監督:石井岳龍、中井庸友、入江 悠、田口清隆 
脚本:いながききよたか他 
出演:田辺誠一、高梨 臨、尾上寛之 他
製作:WOWOW、円谷プロダクション 
配給:円谷プロダクション 
(C)2013 円谷プロ・WOWOW


********************************************************************
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ