『明日にかける橋 1989年の想い出』鈴木杏コメント&ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 鈴木杏さん、板尾創路さん、田中美里さん、宝田明さんらが出演される映画『明日にかける橋』が6月30日にスバル座ほかにて公開されることが決定し、鈴木杏さんのコメント、ポスタービジュアル、メイン写真を解禁となりました。


本作は太田隆文監督が、全国的にも最大級の規模を誇る静岡県の袋井花火大会を舞台に制作したもの。

本作は、主人公が、不況の現代からバブル最盛期の1989年にタイプスリップして、弟を亡くした交通事故を防ぎ、家族の幸せを取り戻そうとする、感動の青春・家族ムービー。

日本が経済大国として君臨した時代と、不況が続く現代とを比較することで、日本人がバブルで得たものと失ったもの、本当に大切なものは何かを描く。

映画情報どっとこむ ralph 鈴木杏さんからコメントです!

鈴木さん:「明日にかける橋 1989年の思い出」が完成しました。タイムスリップが必要ないほど、映画少年そのままのような太田監督。まさに縁の下の力持ちだったスタッフのみなさま。板尾創路さんはじめ、心強い共演者の方々。

そしてなにより、磐田市、袋井市、森町の美しい風景と地元の方たちの言い尽くせないほどの手熱いサポート。。。

私は主演とは名ばかりで、まだまだお恥ずかしいところだらけですが、
まさに「みんなで作った」この映画が、そしてあの夏が、みんなの想いが、多くの方に届くことを祈っています。

よろしくお願いします!

映画情報どっとこむ ralph 明日にかける橋 1989年の想い出
2018年6月30日有楽町スバル座ほか全国順次公開

全国公開に向けたクラウドファンディング企画が、パルコのクラウドファンディング「BOOSTER(ブースター)」にて2018年4月中旬から始動!
https://www.booster-parco.com/
※4月中旬にプロジェクトページを公開。


公式サイト:
http://asunikakeruhashi.com/ 

Twitter:
https://twitter.com/asukake1989


物語・・・
主人公のみゆき(鈴木杏)は30代のOL。とある田舎町で暮らしている。
弟・健太(田崎伶弥)が交通事故で死んでから家族は崩壊。母(田中美里)は病気で入院。父(板尾創路)は会社が倒産、酒に溺れる。みゆきが両親を支え働く日々。

そんな2010年の夏のある日、夢がかなうという明日橋を渡ったことでなんとタイムスリップ!
弟が死んだ1989年に戻ってしまう。バブル全盛の時代。
そこで出会う若き日の両親と元気な弟と若き日の自分(越後はる香)。
みゆきは、もし、この時代で健太を救うことができれば、家族を救うことができるかもしれないと希望を見出すが、その先には、様々な困難が待ち構えていた。

***********************************

鈴木杏 板尾創路 田中美里 越後はる香 藤田朋子 宝田明
草刈麻有 冨田佳輔 田崎伶弥 長澤凛 弥尋 山下慶 山本淳平 天玲美音 大石千世 栩野幸知
宮本弘佑 岡村洋一 嵯峨崇史 増田将也 本間ひとし 真木恵未 遠藤かおる
●監督・脚本・編集・プロデューサー:太田隆文 ●アソシエイトプロデューサー:小林良二 
●撮影:三本木久城 ●照明:いしかわよしお ●録音:植田中 ●美術:竹内悦子(A.P.D.J)
●衣裳:丸山江里子 ●ヘアメイク:大久保恵美子 ●制作担当:酒井識人 ●助監督:富澤昭文
●題字:大石千世 ●音楽:遠藤浩二 ●整音・効果:丹雄二 ●制作:青空映画舎 ●配給:渋谷プロダクション

©「明日にかける橋」フィルムパートナーズ
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ