山田杏奈のオーディション映像を見て監督引き受けた!『ミスミソウ』完成披露で明かす


映画情報どっとこむ ralph 人気漫画家押切蓮介先生の代表作にして、映像化するのはヤバい!と言われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』が、実写映画「ミスミソウ」として、4月7日(土)より新宿バルト9ほか全国公開となります。
その完成披露上映会が行われ、主演の山田杏奈さん、清水尋也さん、大谷凜香さん、そして内藤瑛亮監督登壇!
さらに主題歌を担当したタテタカコも参加して生歌を披露!

そして、押切蓮介先生がお祝いの描き下ろしイラストをサプライズで披露に一同感激!なイベントとなりました。

『ミスミソウ』完成披露イベント
日付:3月8日(木)
場所:新宿バルト9
登壇:山田杏奈、清水尋也、大谷凜香、タテタカコ(主題歌)、内藤瑛亮監督

映画情報どっとこむ ralph 色々な層の観客で埋め尽くされた会場にキャストと監督が登場すると大きな拍手が沸き起こり

山田さん:本日は足元の悪い中お越しいただきありがとうございます。今凄く緊張しています!

内藤監督:凄く過酷な撮影でしたが、無事完成して、皆さんにお届けすることが出来て嬉しいです。

という挨拶から完成披露イベントがスタート。


初主演で、大変な役を担った山田さんは

山田さん:このお話をいただく前の中学生の時に原作を読んでいまして、凄い話だなと思っていたんですけど。・・・復讐以前と復讐のコントラストを大切に演じました。

実は、可愛らしい感じの山田さんはグロテスクなものがお好みだと話しながらも


山田さんの役を支える役の清水さんは
清水さん:原作を読んだ時に、全体的にラブストーリーだと捉えていて、バイオレンスやグロテスクな部分もありますが、常に愛情があることを意識して演じていました。

いじめグループの女王様的な存在の大谷さんは演技自体が初めて

大谷さん:本当に私が・・重要な役を演じていいのか?不安でした。ですが金髪の役だったので、形からは入れてよかったのと、キャストと監督に支えていただきました。

と振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 実はクランクインの1か月前に内藤監督に決まったそうで
内藤監督:異例ですよね。山田さんのオーディション映像を見て、無茶でしたが、どうしてもやりたくて。でも準備時間がなくて現場は大混乱でした(笑)特にCG部が決まってない中で、わからないのでハリウッド映画のメイキングを見て、緑のテープとか巻いて撮影しました!よく撮れたなと。でも短い期間が雑音なしで、原作呼んで面白い部分を素直に映画化したので良かったです。

と、驚きのエピソードを明かすと

山田さん:監督からは勢いで!って言われていたので楽しくやりました!

監督:躊躇なしでボコボコにしていたので、殺されるならあんなふうにされたいなと。

と吐露。


深い雪の中で撮影に関して、雪まみれ血まみれ

清水さん:余裕でしたよ・・・(とやせ我慢気味)。あまりの寒さで東京帰ってきたら半袖で大丈夫でした!
と、驚きの発言!そして東北出身の大谷さんは

大谷さん:足元にカーブミラーのミラーがあるぐらい積もっていて、そのうえで、ずっと倒れてろ!って。

と大変だったエピソードを明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、本作の完成を祝して押切蓮介先生がお祝いの描き下ろしイラストをサプライズで披露!
一同感激!

映画情報どっとこむ ralph 主題歌を担当しているタテタカコさんが登場!
タテさん:映画を拝見して、おっかな過ぎて。想像以上に壮絶でした!でも、思い当たる感情があって、余韻が何日も続く作品でした。
道程を生披露に、キャストの皆さん感激のご様子。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

山田さん:凄い楽しかったです!主演ってもっともっと先のことと思っていたのですが・・そして、主演てキラキラした役かなと思っていましたが、真逆の役が初主演となりました!その完成を見て、大切な作品になりました。皆さんに観ていただきたいです。
内藤監督:キラキラした青春映画は、凄いバイオレンスですが背景にある人間の心理が繊細に描かれている原作の良さで映画もそこを目指しました。キラキラした青春を過ごしていない方たちに刺さればと思います!


映画『ミスミソウ

4月7日(土)より新宿バルト9ほか全国公開です。

公式HP:misumisou-movie.com

東京から⽥舎に転校してきた主⼈公・野咲春花(⼭⽥杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の学校での唯⼀の味⽅ は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清⽔尋也)。彼を⼼の⽀えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの⼥王的存在、⼩⿊妙⼦ (⼤⾕凜⾹)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは⽇に⽇にエスカレートしていった。そして、ある⽇、激しく燃え上がる炎が春花の家 を覆い尽くす。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の⼼は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三⾓草(ミス ミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

***********************************

出演:山田杏奈  清水尋也
大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人
森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮 
原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊) 
脚本:唯野未歩子 
主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)

制作プロダクション:レスパスフィルム 
配給:ティ・ジョイ  

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分(レーティング:R-15)

©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ