山﨑賢人『羊と鋼の森』で久石譲×ピアノ辻井伸行がタッグ!本予告解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。 山﨑賢人主演で実写映画として2018年6月8日(金)、公開されます!

本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。
北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

そんな本作で、世界が待望する“夢”の音楽家タッグが実現!

作曲・編曲を久石譲さん、ピアノ演奏を辻井伸行さんが担当し、エンディング・テーマ“The Dream of the Lambs”を制作しました!
原作「羊の鋼の森」は「本から音が聴こえてくる」という感想がでるほど、表現力豊かに描かれた物語。その世界観、そして“ピアノ”の魅力を最大限に活かせるテーマ曲を考えた映画制作陣は、優れた表現力で世界的に有名な音楽家である2人に制作を依頼。元々原作を読んでおり、その世界観に強く惹かれた両名がオファーを快諾したことにより、世界的音楽家による、豪華すぎる“夢”のタッグが実現しました!

映画情報どっとこむ ralph 久石譲さんは言わずと知れた、日本を代表する作曲家。スタジオジブリ作品や北野武作品の音楽を担当したことで広く知られ、国内、国外問わず数々の賞を受賞。作曲家、ピアニスト、指揮者と様々な面で活躍し続けており、世界中で愛され続けている稀有な音楽家です。

久石譲さんからのコメント

 ピアニストはいろいろなピアノに出会わなければならない。ピアノによってタッチがそれぞれすごく違います。調律師は求める音を表現してくれる、本当に大事な存在で、音は出さないけど立派な音楽家だと思います。
そんな調律師を描いた原作を、オファーをいただく前に読ませていただきました。成長譚の美しくてとても良い話。だからこそ、綺麗なだけで終わらないように、映画の奥行を出せるように、シビアなミニマル的な部分とメロディアスな部分の交差する曲を作るように意識しました。
 その曲を辻井くんと一緒に作ることができて嬉しく思います。古典的なスタイルをとりつつ、現代的な曲を作ったのですが、見事に弾いてくれました。辻井くんは本当に素晴らしいピアニストで、特にリズム感が凄いです。無駄なものが無いきちんとしたリズム。これを活かしたいと思って指揮をしました。演奏をしていて、とても楽しかったです。辻井くんとはまた是非一緒に演奏させていただきたいですね。

映画情報どっとこむ ralph 辻井伸行さんもまた、世界トップクラスのピアニスト。アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人として初めて優勝し、その後も数々の賞を受賞。作曲家として活躍し『神様のカルテ』、「美の巨人たち」などの映画やテレビ番組の音楽も担当し、コンサートも日本のみならず世界中で開催するピアニスト。

辻井伸行さんからのコメント

オファーをいただく前に原作を点字の本にして読んでいましたが、ピアノをやっている人なら皆さん興味のある話だと思います。曲にもたくさんのイメージがあったり、ピアノには壮大でカッコいいところがあったり、いろいろな面白いことが分かる素晴らしい物語です。そんな映画の演奏を、久石さんとご一緒させていただけたのは本当に光栄でした。久石さんの大ファンで、素晴らしい曲をずっと聴いていたので、本当に嬉しかったです。
久石さんに楽譜をいただいた時に、どのような気持ちで作曲されたのか想像し、また映画のイメージを自分の中で膨らませて、できる限りのことをしようと思って練習し、本番に挑みました。お会いするまでは緊張しましたが、本当にお優しい方で、合わせやすく、またいろいろと勉強させていただきました。この曲は感動的で、美しく、弾いていて本当に楽しかったですし、収録があっという間でした。また是非ご一緒させていただきたいです。
ピアノの調律師さんは僕にとってなくてはならない存在です。ピアニストは演奏するときは一人ですが、調律師さん、観客の皆さんと一緒にコンサートを作り上げていると思っています。国内外の様々な場所で調律師さんと出会うのですが、いろいろなタイプの調律師さん、そして会場のピアノと出会えるのは楽しいですね。

映画情報どっとこむ ralph 昨年夏、コンサートホールにオーケストラを集め、久石譲自らタクトを振り、曲を収録。

この日、初対面となった二人は互いに「お会いできて光栄です。」と喜びの気持ちを表しました。
事前に打ち合わせをした後に、
本番収録。
息の合った演奏をした二人は、終わった後も「本当に楽しかった。」と嬉しそうな笑顔を見合わせ、映画に相応しい最高のエンディング・テーマが完成しました!

映画情報どっとこむ ralph この度、エンディング・テーマを使用した「本予告 90秒と特報2 30秒映像」も初解禁!


映し出されているのは、山﨑賢人が演じる主人公・外村をはじめ、ピアノと向き合う人たちのそれぞれの悩みと葛藤、そして成長の姿。映像に流れる美しい旋律は、その物語の奥行を感じさせてくれます。

「羊と鋼の森」

2018年 6月8日(金) 全国東宝系にてロードショー

公式サイト
http://hitsuji-hagane-movie.com/

主人公の青年・外村直樹を演じるのは、映画『orange-オレンジ-』、ドラマ「陸王」を始め、常に話題作に出演し、絶大な人気を誇る若手俳優・山﨑賢人。外村の勤める江藤楽器のピアノ調律師であり、兄貴分である・柳 伸二役に、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主演であり、今年の顔となる俳優・鈴木亮平。
物語の流れを作る重要な役どころであるピアニスト姉妹を上白石萌音、上白石萌歌姉妹が演じ、この姉妹初共演も大きな話題となっております。さらに、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和が演じ、若手からベテランまで、原作のイメージに合う、実力派俳優陣が集結しました。

圧倒的な自然が生み出す“映像の美しさ”、そしてピアノの旋律が奏でる“音の美しさ”、そしてひた向きに仕事に向き合う青年の成長を描く“物語の美しさ”、それらが融合した唯一無二の映画が誕生します。

***********************************

キャスト
山﨑賢人 
鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌 
堀内敬子 仲里依紗 城田 優 森永悠希 佐野勇斗
光石 研 吉行和子 / 三浦友和

スタッフ
監督:橋本光二郎  
脚本:金子ありさ  
音楽:世武裕子
製作:「羊と鋼の森」製作委員会
©2018「羊と鋼の森」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ