『君の名前で僕を呼んで』第90回アカデミー賞 脚色賞をジェームズ・アイヴォリーが受賞


映画情報どっとこむ ralph この度、第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネートされていた『君の名前で僕を呼んで』が、脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を受賞しました。

脚色賞を受賞したジェームズ・アイヴォリーは『日の名残り』などで知られる名監督で、現在89歳。本作では脚色のみを担当。2012年に『人生はビギナーズ』で助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーの82歳を塗り替える、アカデミー賞全部門での史上最年長受賞となります。89歳の初受賞にして、アカデミー史上最年長受賞更新に、記憶に残る歴史的受賞を果たしました。
【脚色賞・受賞/ジェームズ・アイヴォリー(中央)】撮影: Sylvain Gaboury


ジェームズ・アイヴォリー受賞スピーチ

脚本家として脚色する際には原作者に感謝しなければなりません。原作のアンドレ・アシマンが描いた、“初めての恋“というのは、セクシャリティに関係なく誰もが経験することです。監督をはじめ、役者の方々、それからニューヨークの家族たち、すべての人に感謝したいと思います。ここに立てるのも彼らの助けがあったからです。私の50年近く一緒にやってきたイスマル・マーチャントという今は亡きパートナーが2度アカデミー賞を受賞しています。その人のおかげでもあります。本当に感謝しています。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた作品で、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作。

君の名前で僕を呼んで
原題:Call Me By Your Name
4/27(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他 全国ロードショー

cmbyn-movie.jp

物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。
***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎsのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:アンドレ・アシマン 「Call Me By Your Name」
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『Lady Bird(原題)』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
©Frenesy, La Cinefacture 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 
配給:ファントム・フィルム 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ