天野友二朗監督『自由を手にするその日まで』東京・横浜・名古屋・大阪で上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 実在する病院内での女性社員・新入社員へのハラスメントを題材にした鮮烈な復讐劇『自由を手にするその日まで』が、この度、各地での映画祭入選・受賞を経て、東京・横浜・名古屋・大阪での凱旋上映が決定した。


◆映画祭入選情報 (2018年2月現在)
・ゆうばり叛逆映画祭2018 入選
・カナザワ映画祭2017 審査員特別賞
・Kisssh-Kissssssh映画祭2017 最優秀主演女優賞
・第一回アジア国際映画祭 正式招待

映画情報どっとこむ ralph ◆上映情報
●東京上映① 3/29(木) アップリンク渋谷 18:00~・20:30~
※20:30からの上映後、心理学者 矢幡洋氏、天野監督、主演女優みやびの3名によるトーク予定
予約ページへ
●東京上映② 4/21(土)~27(金) 下北沢トリウッド 連日20:30~レイトショー
※連日、ゲスト招待による上映後トーク開催予定。ゲストは後日発表。
(火曜定休・日曜19:00~上映)

●横浜上映 4/8(日) 横浜シネマノヴェチェント 19:00~
※監督・出演者・ゲストによる音声解説(コメンタリー)付き、トーク参加型上映予定
(ゲストは後日発表)
予約ページへ

●大阪上映 4/21(土) 19:30~、4/22(日)18:00~・20:10~ 十三シアターセブン
※22日は上映後トーク予定
予約ページへ

●名古屋上映 シネマスコーレ 18:30~・20:30~

すでにアップリンク、他劇場では座席予約ページが開設されています。アップリンク上映後は、「ナカイの窓」「アウトデラックス」他TV出演多数の心理学者、矢幡洋氏を招待してのトークも予定。


映画情報どっとこむ ralph
◆著名人コメント
心理学者・コメンテータ 矢幡洋
現代社会に束縛され、飼い殺しにされていると苦悩するヒロインだが、その束縛の鎖をはねのけて発見したものは、「犯罪者の私」だったという毒で、僕たちに重いパンチを食らわせる。普通、こんなハラスメントを受けたら自殺しても不思議ではないのだが、軽やかに犯罪に身を投じていくヒロインが、普通の勤め人であるだけに、「普通」の僕たちの中にも秘かな犯罪者性が潜んでいるのかもしれないという逆説のサスペンスを感じさせる。この映画の深い企みは、いったん決意させた後のヒロインに、彼女が批判して止まない現代社会の冷酷さと全く同じメカニズムで行動を取らせていくことだ。実は、社会批判をする僕たちが、その社会の論理にどっぷり浸かっているのではないか。鏡で自分を見るシーンが何度も出てくるこの映画の寓意は、底深い毒を秘めている。それだけに、狂気と暴力の果てに、終章でようやくたどり着く真実の人間関係の可能性は、深い感動を与える。

映画情報どっとこむ ralph ◆あらすじ
都内の病院で事務職として働く、新入社員の女性。
彼女は、陰湿な職場に孤独を抱えていた。
そんな彼女のことを、彼は無関心な態度で突き放す。


やがて彼女は、狂気を暴走させ、とある計画を思いつき、復讐の鬼と化す。
狙いは職員の抹殺。
夜な夜な不気味な実験を繰り返し、復讐代行業者へと依頼する。


そんな中、彼女の計画を邪魔する妨害者が立ちはだかる。
果たして、復讐の先に、彼女が見出した本当の「自由」とは、何なのか?

◆予告編



◆監督プロフィール
1990年、東京都生まれ、兵庫県出身。
鳥取大学の医学部で、医学系研究を専攻する傍ら、学生自主映画を手掛け、各地映画祭で入賞を果たす。
本格的に映画製作を目指すために上京し、デビュー作となる本作の製作に着手。
現在、すでに二作目『脂肪の塊』についても完成している。


◆作品公式twitter
@jscclinic001

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ