『武士の献立』 上戸彩 高良健吾 ジャパンプレミア


武士の献立プレミア現在、25日まで六本木を中心に第26回東京国際映画祭が催されていますが、23日、第26回東京国際映画再の特別招待作品の

「武士の献立」

ジャパンプレミア上映に先立ち、舞台挨拶が行われました。

第26回東京国際映画祭 六本木ヒルズアリーナ
登壇:上戸 彩、高良健吾、朝原雄三監督


先ずは挨拶から

朝原雄三監督:
「こんいちは。朝原です。お天気の悪いなか足を運んでいただきありがとうございます。これから観られる方々には楽しんでいただきたいと思います。」
朝原雄三監督
上戸 彩:
「舟木春役を演じました上戸彩です。皆さんお寒い中ありがとうございます。」
(上戸さんノースリーブです。)
上戸-彩
高良健吾:
「舟木安信役を演じた高良健吾です。今日は寒い中「武士の献立」の為に足を運んでいただきありがとうございます。楽しんでいってください。」
高良健吾
MC:「東京国際映画祭は第26回で、高良さんは確か25歳。この一年先輩である歴史ある映画祭ですがいかがですか?」

高良健吾:
高良健吾「実は僕が役者を始めて初めてもらった賞が東京国際なんです。当時19歳。それから色々な作品で呼んでいただいていて、本当にありがたく縁のある映画祭だと思っています。」

MC:「ここからは作品についてお話いただきます。時代劇といえば刀を振り回すイメージですが、今回は侍がお料理を作って殿様に仕えるというまたちょって違った作品になりました。演出のうえで意識されたことはありましたか?」

朝原雄三監督:
「僕は時代劇は全く経験がなかったので、その部分は京都の優秀なスタッフに任せて、僕は現代劇に通じる映画をとだけ思ったので、むしろ高良君や上戸さんのようなメガネにピアスな人達がどんな風に演じてくれるのが楽しく演出させていただきました。」

MC:「上戸さんは10年ぶりの主演。このお話をいただいたときはどんなお気持ちでしたか?」

上戸 彩:
上戸彩「映画って、とても大きなお仕事で怖く感じていたので、なかなか足を踏み出せずにいたんですが、今回台本を読んで食べることが大好きなのか、作品にどんどんのめりこんでいく感じと。。この時代では男性を引っ張るような女性を描くような映画はあんまりないのでそこに惹かれました。」

MC:
「反発しあっていた2人がだんだん心が近づいていきますけど。この二人の夫婦像とか愛とか高良さんから見ていかがですか?」

高良健吾:
「相手を思う気持ちとかは昔も今も変わんないと思うんですね。ただこの時代だからって言うのはあって意識しましたが、最初に監督が言ったように、時代劇だけど現代劇。今っぽい雰囲気を出しました。」

上戸 彩:
「時代劇のルールお作法といったものを、監督に現場で壊してくださったので、それは出来上がりを観たときにそこがコミカルだったり凄いなと思いました。」

MC:「いろいろな年齢層・男女の方に来て頂いていますが、どの層にも楽しんでいただける作品になりましたね。」

朝原雄三監督:「時代劇だと年配の方や男性の方が多いんですけど、この作品は間口を広くして観て頂きたいと思っています。」


この後、

紅白のお米を3人から客席にプレゼントが。

上戸 彩:
お米には繁栄・豊穣の意味がこめられているそうです。今回この「武士の献立」が沢山の方に観ていただけるよう。そして皆さんに末永くお幸せになっていただきたいな。という気持ちをこめて投げさせていただきます。」

紅白お米投げ
武士の献立
『武士の献立』

は、12月14日(土)から全国で公開。

加賀藩 石川では先行公開12月7日(土)です!
公式HP:http://www.bushikon.jp/


TIFF_2013第26回東京国際映画祭は10月25日(木)まで開催されます!

ぜひ六本木に!

第26回東京国際映画祭 公式HP: http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/


********************************************************************


「武士の献立」

作品解説
優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となり1年で離縁された春(上戸彩)は、加賀藩の料理方である舟木伝内(西田敏行)にその才能を買われ、息子の嫁にと懇願されて2度目の結婚を決意。舟木家は代々藩に仕える由緒ある包丁侍の家。しかも、夫となる跡取りの安信(高良健吾)は料理が大の苦手、しかも4つも年下! 春は姑の満(余貴美子)の力も借りながら、必死に夫の料理指南をはじめるが…。ほか、夏川結衣、緒形直人、成海璃子、柄本佑、鹿賀丈史が出演。加賀藩に実在した包丁侍をモチーフに、豪華キャストで贈る料理で動乱を乗り越えた家族の物語。


キャスト:上戸 彩、高良健吾、西田敏行、余 貴美子

監督/脚本:朝原雄三
脚本:柏田道夫
脚本:山室有紀子
主題歌:Chara
©2013「武士の献立」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ