渡邉剣、天野浩成 らイケメン勢ぞろい BL映画『花は咲くか』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 日高ショーコ先生の人気BLコミック『花は咲くか』の実写映画がついに2月24日に公開となりました!

そして、その公開を記念し初日舞台挨拶が行われ、同性カップル役を演じた主演・渡邉剣さんと天野浩成さん。そして、塩野瑛久さん、小原唯和さん、水石亜飛夢さん、谷本佳織監督が登壇。イケメンキャスト勢ぞろいの初日となりました。
今日一のニッコリいただきました!


日付:2月24日(土)
場所:池袋HUMAXシネマズ
登壇:渡邉剣、天野浩成、塩野瑛久、小原唯和、水石亜飛夢、谷本佳織監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな歓声の中、キャストと監督が登場し一言挨拶。
渡邉さん:BLは初めてでしたが、性別は関係無いのかなと。きれいな描写がたくさんあって、初心者にも楽しめるのかなと思います!

と話す渡邉さん。劇中の相手役で大人な魅力の天野さんは
天野さん:原作を知らなかったので、おじさんだけど大丈夫かなと。ですが原作読んで大丈夫だと。

と語ります。

劇中から髪がだいぶ伸びた塩野さんは、せめてもと言うことでイメージカラーの赤の衣装で登場。
塩野さん:僕もオファーを受けたときに、BL?と。僕もBLを観たことなかったので、あざとくカット割りしたりするのかなと思ったのですが。試写を見て素敵に人間模様が描かれていて、観た感想は良かったなと。逆に藤本(塩野)いなくてもいいかなと思うくらいでした!

と言う塩野さんに渡邉さんは藤本いないと話が始まらない!と重要だとアピール。

15歳の中3の小原さんはBL自体知らなかった初心っ子。
小原さん:BLを知らなくても。綺麗な恋愛。違和感なくありだなと。

と、ある意味15歳のカミングアウト的な返答に大人たちザワザワ。すると水石さんも
水石さん:なんですかね。キュンキュンしました。

と話します。そして、長編初めての監督は
監督:原作を初めて読んで、観たいものを詰め込んで創っていきました。

話題はキスシーンとなり、撮影前は同じものを食べたり、今日はキスシーンだねと確かめ合ったそうで

天野さん:女性よりも気楽でした。

と、話す天野さんに
渡邉さん:僕はキスシーン初めてで、天野さんで良かったです。

と、女性だったら色々考えてしまうのでかえって良かったそう。

監督:思いっきり行っちゃって!と天野さんにだけ言いました。渡邉さんには生のリアクションが欲しくて。

と、何も言わなかったそう。すると、

渡邉さん:監督と天野さんが遠くで「僕に任せてください!だけ聞こえたんです!

とすべてを委ねたそう。

映画情報どっとこむ ralph 役作りに関して

渡邉さん:無口で表情の変化も少ない役なので、原作を読み込んで、監督と天野さんと話して・・・普段の僕はおしゃべりですが、現場では少し静かにしていました。

と、役づくり。
天野さん:原作の素敵なシーンが詰め込まれているので、(実写として)成立するように演じました。

と原作に忠実に寄り添った天野さん。逆に、
塩野さん:天野さんに闘志メラメラで。原作は流し読み程度。原作に感情をのせてしまうと独りよがりになるかなと。台本に心を乗せて演じました。

と言う塩野さんに天野さんは違うアプローチに感心。その演技に

渡邉さん:塩野さんが鬱陶しくて助かりました。

塩野さん:賑やか士に徹しました。
小原さん:翔太の気持ちをしょうた ようちゃんが大好き過ぎるので、普段から見ていました。
とめっちゃ可愛いい答えに渡邉さんと天野さんはニコニコ。

水石さん:原作はシュッとしてるので・・・僕は本来ポンコツなので、シュッとしたイメージでやったら、もう少し元気に!水石亜飛夢で!と監督に言われました

と監督のイメージに沿った演技をしたそうで、それぞれが違うアプローチで役を生きた作品に。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

天野さん:観た後の方々とは初めてで。お友達にも、宣伝していただけたら嬉しいです。
渡邉さん:ありがとうございました。無事に初日を迎えられて本当によかったです。観ていたけるのが嬉しいことだと。漫画原作なので、反応が気になります。また、原作も知らない方には原作も読んでいただきたいなと。そして、何度も見比べてもらえればと思います。

と締めました。


花は咲くか

2018年2月24日(土)ロードショー

公式サイト:
http://hanawasakuka-movie.com/

STORY
広告代理店に勤める37歳のサラリーマン・桜井和明(天野浩成)は、CM撮影で赴いた古く美しい日本家屋で一心に花の絵を描く19歳の美大生・水川蓉一(渡邉剣)と出逢う。この家の持ち主でもある蓉一は、他人に興味がなく親しい友人すらいなかった。同居している従兄弟の竹生(水石亜飛夢)や菖太(小原唯和)を心配させていたが、屈託なく話しかけてくる桜井にだけは心を開くようになる。二人の気持ちは次第に絡み合ってゆくが、桜井は蓉一との年齢差や同性同士という現実を前に、二人の関係を先に進ませることが出来ないでいた。まるで自分を避けているかのような桜井の行動に動揺し、苛立ちを感じる蓉一。さらに、蓉一に好意を寄せる美大のクラスメイト・藤本(塩野瑛久)も現れる。そんな中、桜井に大阪転勤の辞令が。桜井と蓉一に決断の時が迫る。


***********************************


渡邉 剣 天野浩成
塩野瑛久 小原唯和 水石亜飛夢 / 本宮泰風

原作:日高ショーコ「花は咲くか」(幻冬舎コミックス刊) 
脚本:高橋ナツコ 
監督:谷本佳織 
主題歌:「ふたり願い星」綱希美香(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 音楽:加藤亜祐美   
製作:間宮登良松 企画:加藤和夫 プロデューサー:日野原彩子 キャスティングプロデューサー:福岡康裕 
アソシエイトプロデューサー:菅谷英智 高橋 浩 音楽プロデューサー:中谷しの 
ラインプロデューサー:林周治 撮影:上野彰吾(J.S.C.)  美術監督:若松孝市(A.P.D.J.)  照明:赤津淳一 
美術:松田香代子 録音:光地拓郎 編集:柳澤和子 整音:宮本明子 装飾:榊さくら 
小道具:横山夏子 絵画製作・監修:木下令子 衣裳:工藤唯 ヘアメイク:竹川紗矢香 助監督:六車雅宣 
プロダクションマネージャー:杉崎隆行
製作プロダクション:東映東京撮影所 製作統括:木次谷良助 
製作・配給:東映ビデオ 
© 2018東映ビデオ © 日高ショーコ/幻冬舎コミックス
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ