ロバート・デ・ニーロ東京国際映画祭に登場


ロバート・デ・ニーロさんが昨日10月22日、第26回東京国際映画祭で

主演映画「マラヴィータ」ジャパンプレミア

を行う直前。東京・六本木ヒルズアリーナで会見を行いました。

Malavita_car
Malavita1デ・ニーロさんはAUDIに乗って登場。

屋外で寒い中約400人のファンが詰めかけ、グレース夫人と共にグリーンカーペットを歩き。

サインや写真撮影などファンサービスを行いました。

Malavita2
MC:「6年ぶりに来日だそうですが、ファンの熱烈な歓迎を受けてお気持ちをお聞かせください。」
デ・ニーロ:「また、日本に来れて本当にうれしいです。ありがとう。」


MC:「同作は、マーティン・スコセッシ製作総指揮さんですが、改めてタッグを組んでいかがでしたか?」
デ・ニーロ:「(彼との仕事は)いつも楽しい。また一緒にやる企画もあるよ。」

MC:「本作では元マフィアの父親役を演じていますが何か特別な役作りはされたのでしょうか?」
デ・ニーロ:「映画ごとに難しいこともあるけど、今回は、とにかく楽しい映画だから簡単なハードワークだったよ。」


MC:「トミー・リー・ジョーンズさんとは初競演だったと思いますがいかがでしたか?」
デ・ニーロ:「ベテラン同士ですから気楽なもの。セリフがシンプルに書かれていてとても良かったから、和気あいあいとした雰囲気でできたよ。」

最後にデ・ニーロさんから挨拶:
「皆さん着ていただいてありがとう。こんなに若い方が一杯いるんで本当にうれしいです。そして、日本のファンは本当にお行儀がいいですね。他の映画祭だとギャーギャー叫んで大変なんですよ。おとなしくて素晴らしい。」

そして、ファンに見送られステージを後にしました。

Malavita3
「マラヴィータ」
は、11月15日からTOHOシネマズ 有楽座 他で全国で公開です。
公式サイト:http://www.malavita.jp/

第26回東京国際映画祭は10月25日(金)まで開催されます!

ぜひ六本木に!

第26回東京国際映画祭 公式HP: http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/


********************************************************************

『マラヴィータ』MALAVITA

製作総指揮:マーティン・スコセッシ
監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン、 マイケル・カレオ
原作:トニーノ・ブナキスタ(『隣りのマフィア』より)
製作国: アメリカ/フランス
日本公開: 2013年11月15日 (TOHOシネマズ 有楽座 ほか)
(C) EUROPACORO – TF1 FILMS PRODUCTION – GRIVE PRODUCTIONS
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ