萩本欽一ドキュメンタリー映画『We Love Television?』BD&DVDで発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 今回は、全エンタメファン必見!欽ちゃんこと萩本欽一のドキュメンタリー映画『We Love Television?』ブルーレイ・DVDで5月9日(水)に発売決定!

特典映像には映画の続編!?な対談も収録!


映画情報どっとこむ ralph 「僕が死んだ日に公開して欲しい」

1980年代3本のレギュラー番組がどれも視聴率30%を超え、“視聴率100%男”と言われた、日本のコメディアンの至宝・欽ちゃんこと萩本欽一。その“最初で最後の”ドキュメンタリー映画『We Love Television?』が昨年11月3日に公開され、大きな話題となった。冒頭の言葉は萩本がこの映画に寄せたメッセージだ。メガホンを取ったのは、萩本を師と仰ぐ、日本テレビで『電波少年』シリーズなど、数々の人気番組を手がけた”Tプロデューサー”こと土屋敏男。
萩本のテレビというメディアに対する執念や狂気が、あまりに生々しく映し出されている。もちろん萩本イズムを継承する土屋のテレビへの執念、狂気は言わずもがなで、そんな二人が作り出したドキュメンタリーは、日本の爆笑王の一挙手一投足、全てを映したとてつもなく熱量の高いドキュメンタリーになっている。始まりは2011年1月。土屋が“専売特許”のアポなしで萩本宅に突撃し、「また視聴率30%を超える番組を作りましょう」と持ち掛けたところからカメラは回り始める。萩本と土屋の新番組作りがスタートし、様々な人を巻き込み進んで行く中で、顔合わせ、打合せ、演出、様々なシーンで萩本が語る言葉は、テレビマンだけではなく、エンターテインメント作りにかかわる全ての人、ひいては懸命に生きている全ての人間にとって、まさに“金言”の数々だ。
そんな映画が5月9日にブルーレイ・DVD化される事が決まった。この作品の特典映像では萩本と土屋の対談が収録されているが、映画だけではなく、ここでも思わず唸ってしまう“金言”の数々を聞くことができる。それは萩本が「僕は映画を観てないし、このDVDも観る気はないけど(笑)、普通だったらこの映画をどうやって作ったのかを話すのに、さらに新しい事を足そうするこの貪欲なディレクターのおかげで、映画以上の話をしたね」と語っているが、映画を“テレビの教科書”として捉えるならば、その続編ともいうべき、濃い対談になっている。人の心を動かすのも、物事を動かすのも、全ては一人の人間の“熱狂”から始まる――そう改めて教えてくれるのが『We Love Television?』だ。

文:田中久勝

映画情報どっとこむ ralph テレビを舞台にしたドキュメンタリー映画ではあるものの、その内容は、すべてのエンタメファンにとって全編瞬きする間もないほど必見中の必見。日本を代表するコメディアン、“欽ちゃん”こと萩本欽一を「電波少年」シリーズの“Tプロデューサー”=土屋敏男が追いかけた映画『We Love Television?』が、5月9日(水)にブルーレイ・DVDで発売される。特典映像として追加収録された二人の対談では、まるで映画の続編とでも言えそうな、シビアで真摯でストイックで、そしてユーモアに溢れまくった欽ちゃんの姿が収められている。特典映像も含めて存分に楽しんでいただきたい。

【商品情報】
We Love Television?
2018年5月9日(水)発売 DVDレンタル同日開始
<DVD>
2枚組 品番:PCBP.53726 
価格:¥4,000+税
<Blu-ray>
2枚組 品番:PCXP.50568
価格:¥5,000+税 
※<Blu-ray>封入の特典DiscはDVDとなります。

ともに収録時間:本編110分+特典映像130分以上
ともに特典映像(予定):
■スペシャル対談 土屋敏男×萩本欽一(約70分)
■土屋敏夫×萩本欽一×高須光聖 3人トークロングバージョン(約60分)
■劇場映画予告編 
■特報 
■劇場公開直前に放送された宣伝番組

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C)2017日本テレビ放送網

***********************************

本でも楽しめる!We Love Television?
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ